技術系転職を通してより自分らしく活躍できる場所を探そう!【技術者の転職】

技術系転職を通してより自分らしく活躍できる場所を探そう!【技術者の転職】

 

当サイトのメインテーマであるリチウムイオン電池関連の開発に限らず、技術系職種についたことがある人で「転職」について考えたことがある人は少なくないでしょう。

 

転職をするには様々な理由があり、給料、残業時間、勤務地、福利厚生、やりたい仕事かどうかなどなど様々な選定条件がでてきます。

 

ここでは、「より自分らしく活躍するための転職方法」について解説しています。

 

・技術系転職を通してより自分らしく活躍できる場所を探そう!

 

・技術系エンジニアが失敗した転職理由の例

 

というテーマで解説しています。

 

 

技術系転職を通してより自分らしく活躍できる場所を探そう!

会社員として働いている場合、残業がまったくなかったとして1日8時間程度働くことが一般的です。これは起きている時間の大半を会社で過ごすことになりますよね。

 

つまり、会社で過ごす時間を有意義に楽しく自分らしく過ごせるかどうかで人生が大きく変わるといっても過言でないでしょう。

 

そのため、転職を通してより自分らしく働く会社や職場を探そうとすることは素晴らしいことといえます。

 

ただ、単純に今の会社でトラブルを起こしてしまったから・・・、やりがいが感じられないから・・・などとちょっとした思いつきで転職を考える場合もあるでしょう。

 

思いつきやトラベルをベースにした場合の転職は、転職後より厳しい境遇になる場合が多いです。

 

逆に、より自分が活躍出来る場所を見つけたい、より高いレベルで社会貢献をしたいなどという前向きな思いがある方が、転職にも成功しやすく、転職後も転職して良かった!と思える場合が多いです。

 

このように、転職後により自分らしく活躍できる人と、より厳しい境遇になる人と二極化します。間のあまり変わらなかったという層は少ないといえます。

 

それでは、転職により二極化する理由がわかりますか?

 

実は多くの場合は転職の良いところだけを見ていて、悪いところは無視していたという場合が非常に多いことが理由です。というのも、転職サイトは主に転職を薦めるためにあるので、当然良いところを強くアピールしようとし、あまり悪い部分を伝えないという背景が多いことが理由です。

 

私の周囲の転職に成功した人と失敗した人の体験談をベースに、転職の良いところ・悪いところを包み隠さず紹介し、あなたの転職の成功に貢献できたらなと強く思います。

 

このような転職に関するカテゴリーを開設したのも、私の周りには転職経験者が多く、その人たちのお話を聞く機会が多く、せっかくでしたらこれから転職を考えている人たちの役に立てたらなと思ったことが大きな理由です。

 

特に私の周囲には技術系(技術者:エンジニア)の転職経験者が多いため、技術系に特化した転職の情報をお伝えしていきます。その中でもツサイトのメインテーマのリチウムイオン電池関連の転職情報を聞くケースが多いため、そこにも注力してお伝えしていきます。

 

「せっかく転職をしよう」と決意したのでしたら、転職を通してよりあなたらしく活躍できる場所を見つけていきましょう!。

 

 

技術系エンジニアが失敗した転職理由の例

(※工事中)

 


HOME プロフィール お問い合わせ