電化率の意味

電化率の意味

 

私達が生活している中で電化率という言葉はあまり聞きなれないかもしれません。この電化率とは何のことか知っていますか。

 

ここでは、電化率に関する以下の内容について解説していきます。

 

・電化率の意味・定義

 

というテーマで解説しています。

 

 

電化率の意味・定義

 

実は電化率という言葉はきちんと定義されてはいません。

 

ただ、電化率とよぶときの多くは、全世帯のうちで系統電源網(発電所から電線を通って私達の家に来ている電力)が通っている世帯の割合のことを指します

 

以下のようなイメージです。

 

 

 

ただ、日本では電化率はほぼ100%です。そのため、あまり電化率という言葉を耳にする機会は少ないでしょう。

 

一方で、アフリカなど電気的な設備が普及しない地域もあることも事実です。そのような地域や国における、電気的な設備が搭載している世帯の比率として電化率を用います。

 

電化率という用語は、巨大な発電所を建設する企業や家庭用蓄電池・産業用蓄電池などを扱うメーカーなど、電気的なインフラに携わる方々の間で使用されることが多いです。

 

ただ、日本の場合であったら本来の電化率ではなく、オール電化を導入している割合のこととして電化率を使用することもあります

 

オール電化率の略で電化率としているのです。

 

どちらにしても、電化率という言葉の定義自体が曖昧であるため、使用する場合は「電化率が何を表しているのか」を擦り合わせてから議論するといいです。

 

関連記事

 

家庭用蓄電池のメリット・デメリット

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ