特許法、実用新案法とは?

特許法とは?

 

知的財産権の中でも、発明、小発明の保護をする権利である特許権、実用新案権は、
国の産業発展、企業の技術発展のために非常に重要です。

 

これら特許権、実用新案権は特許法、実用新案法に基づいてその権利を規定しています。

 

このページでは、特許法、実用新案法について解説します。

 

特許法とは?

特許法では、「発明の保護及び利用を図ることにより、発明を奨励し、もって産業の発達に
寄与することを目的とする」という内容が定められています。

 

ここで @発明の保護、 A発明の利用 にわけて、解説します。

 

 

@発明の保護とは、産業の発展に役立つ新規性、進歩性がある発明をした人に対し、
その発明を用いた製品の発売を独占的に行うこと等により、その発明がもたらす利益を
保護するという意味を持っています。

 

また、発明を用いた製品が世の中に出回る場合、他者がその製品を分解、発明を模倣、盗むことが
可能になってしまいます。

 

これを防ぐ意味でも、特許法により特許権をその発明に付与することで、発明の模倣、盗みから
保護しています。

 

ただし、この特許権は期限がついています。

 

 

次にA発明の利用について解説します。

 

@の特許の保護において「発明を世の中に公開することで一定期間独占的な利益を得」
た後は、発明者以外の人々も自由にその発明を利用できるようになります。

 

発明が利用できるようになると、産業の発展につながります。

 

 

このように特許法とは、一時的に発明者の利益も確保しつつ(発明の保護)、その後自由に利用できる
(発明の利用)ことにより、発明者の利益と産業の発展を考慮した法律と言えるでしょう。

 

ただし、ある発明がめったに思いつくものではなく、公開しなければ他の人々は今後思いつかないだろうと
考えられるものは、特許を申請せず、企業のノウハウとして留めておくという戦略を取る企業も
存在します(特許は一定期間経つと皆が自由に利用できるようになるため)。

 

 

特許法の保護対象

特許法の保護対象は「発明」です。

 

それでは、発明とはどのように定義されているのか?下記に解説します。

 

特許法が保護する「発明」とは、「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」と
定義されています。

 

上記を分けて解説していきます。

 

 

自然法則を利用したとは?

 

ここでいう自然法則とは、自然界に経験的に見出される法則のことであり、
例えば万有引力の法則などが挙げられます。

 

水が高いところから低い方へ流れていくことを利用し、その勢いで回す水車等は発明に該当します。
一方で、経済学や心理学といった作られたもの等は発明に該当しません。

 

また、自然法則自体は発明ではなく、この法則を「利用する」ということが重要です。

 

技術的思想の創作とは?

 

ここでいう「技術」とは、ある問題を解決するための具体的な手段のことを示します。

 

例えば、大きさ〜〜で材質が〜〜、密度が〜〜という物質Aと
     大きさ〜〜で材質が〜〜、密度が〜〜という物質Bを
     接着面積〜〜で〜〜により接合させたもの

 

といったように、客観的に示すことができ、他人にも伝えることができるものことを指します。

 

水泳で早く泳ぐための方法、コツのようなものは客観性がなく、他人も同様にできないため、
「技術」に当てはまりません。
 
さらに、技術的「思想」で良いため、言葉そのままで思想、アイデアで問題ないです。

   
高度のものとは?

 

具体的には、特許権と実用新案権の違いのページで記載させていただくのですが、
技術的思想の中で、

 

技術水準が高いもの:発明
技術水準が低いもの:考案

 

と区別しています。

 

 

まとめ

 

上記を踏まえ、もう一度発明の定義を示します。

 

自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」と特許法が保護する「発明」に当たります!

 

 

 

 

 

 

 

特許法とは? 関連ページ

知的財産権とは?

HOME プロフィール お問い合わせ