電磁誘導とレンツの法則

電磁誘導とレンツの法則

 

こちらのページでは高校物理における

 

・磁束密度と磁束
・電磁誘導とは?
・レンツの法則とは?

 

について解説しています。

 

磁束密度と磁束

電磁誘導という言葉をご存知でしょうか?

 

電磁誘導は、身近なところですとIHコンロやモータなどに使用されており、
コイル(導線をぐるぐると巻いたもの)を貫く磁束の変化により、
電圧(誘導起電力)が発生する現象のことを指します。

 

この電磁誘導を解説する前の前知識として、関係の深い磁束と磁束密度について解説します。

 

磁束密度は磁束線の数で表現できる、つまり磁束線が多いほど磁束密度が大きいです。

 

また、磁束密度の定義は単位面積(1m^2)当たりにB本の磁束線が貫くというものです。

 

よって磁束は面積の大きさSm^2を貫く磁束線の数といえ、磁束φ=磁束密度B × 面積S で表されます。

 

 

 

電磁誘導とは?

それでは、本題の電磁誘導について解説します。

 

まず、解説前にコイルという言葉が出てきますが、コイルとは導線をグルグルと巻いたもののことです。

 

そして、電磁誘導とはコイル貫く磁束が変化することにより、コイル自身に電圧が発生、
電流が流れる現象のことです。

 

身時な例ですと磁石をコイルに近づけたり、遠ざけたりすることで
電磁誘導が発生します(下に具体例を記載しています)。

 

電磁誘導により発生する電圧のことを誘導起電力、電流のことを誘導電流と呼びます。

 

磁束の変化の仕方と誘導起電力、誘導電流の向きには、関係があり、
この関係を定めた法則をレンツの法則と呼びます。

 

 

 

レンツの法則とは?

 

レンツの法則とは、磁束の変化を妨げる向きに電流が流れるよう誘導起電力が発生するという法則
のことです。

 

磁石をコイルに近づける場合の例において解説します。

 

下図のよう、磁束を出す極である磁石のN極をコイルに近づける場合を考えます。

 

この時、N極から下向きにコイルを貫く磁束が増えます。

 

そして、レンツの法則によりそれを妨げる向き、つまりコイルからは上向きに磁束を発生させようと、
下図のよう誘導電流が流れます

 

ここで誘導電流が流れる向きは、右ねじの法則に従います。

 

 

※N極、S極を近づけたり、遠ざけたりする問題は良く出ますので、上にまとめてみました。
 きちんと理解しましょう!

 

 

電磁誘導とレンツの法則 関連ページ

SI単位(工事中)
pHとは?pHとpKaの関係
密度とは?比重とは?密度と比重の違いは?
ナノ粒子とかのナノって何なの?SI接頭語のまとめ
イオンとはそもそも何のこと?その1 イオン発見の歴史と原子の構造と原子番号、質量数
電位とは何?電位の定義は?
電気と電荷、静電気力
電流と電荷、電流と電子
コンデンサーと交流(工事中)
電圧とは何か?電圧のイメージ、電流と電圧の関係(オームの法則)
合成抵抗1
合成抵抗2(直列と並列が混ざった回路)
電力、電力量、ジュール熱
コンデンサーとは何か?コンデンサーの静電容量
コンデンサーの合成
磁場とは何か?
電流と磁場の関係(電流がつくる磁場)
電流が磁場から受ける力(フレミング左手の法則)
ローレンツ力
ファラデーの電磁誘導の法則
各種電磁誘導の問題の演習
相互誘導と自己誘導(相互インダクタンスと自己インダクタンス)
コイルを含む回路、コイルが蓄えるエネルギー(工事中)
直流と交流、交流の基礎知識(一部工事中)
抵抗、コンデンサーと交流
コイルと交流、交流のまとめ
(工事中)色の見え方と化学
光のエネルギー
物質波とブラッグ反射
簡易的な体積の測定方法
単位まとめ表
図積分とは?
脳のシナプスと電圧

HOME プロフィール お問い合わせ