ファラデーの電磁誘導の法則

ファラデーの電磁誘導の法則

 

こちらのページでは高校物理における

 

・ファラデーの電磁誘導の法則とは?
・導体棒を動かした場合の誘導起電力
・ローレンツ力との対応

 

について解説しています。

 

ファラデーの電磁誘導の法則

電磁誘導とは、コイル貫く磁束が変化することにより、コイル自身に電圧が発生、電流が流れる現象
のことです。

 

電磁誘導により発生する電圧のことを誘導起電力と呼ぶのですが、
この誘導起電力の大きさを決める法則がファラデーの電磁誘導の法則です。

 

 
上図にまとめた中でもポイントを解説します。

 

誘導起電力 V = N |刄モ /冲 | で定義されます。

 

Nはコイルの巻き数を表し、誘導起電力Vはコイルの両端にかかる電圧を表し、
|刄モ /冲 |はt秒間における磁束φの大きさの変化を表します。

 

絶対値がついているのは、磁束変化の向きが負でも適用できるためです。

 

シンプルに言いますと、磁束を速く、大きく変化させると比例して誘導起電力も大きくなり、
逆に磁束をゆっくり、小さく変化させると比例して誘導起電力も小さくなるという法則です。

 

また、誘導起電力の向きはレンツの法則により、磁束の変化を妨げようとする方向に
発生します。

 

さらに誘導電流の大きさIはオームの法則により I = V / Rで決める事ができます。

 

 

導体棒を動かした場合の誘導起電力

 

試験に頻出問題の一つとして、ある電気回路内にて導体棒を動かした場合に
誘導起電力を求める問題があります。

 

下イメージ図のようにある閉じた電気回路があり、この電気回路に垂直かつ均一に磁束が
磁束密度Bで回路全体を貫いているとします。

 

回路は四角形をしていますが、コイルと同じように考えることができます。

 

そして右端に長さlの導体棒があり、この導体棒がv冲の速度で左へ移動するとします。

 

回路はコイル一周巻きと同等と考えることが出来ます。

 

すると、回路中を磁束が貫いている面積がv冲lで減っているため、
磁束の変化刄モはv冲Blとなり、誘導起電力V = vBlとなります。

 

また、誘導電流が流れる向きはレンツの法則により磁束の変化を妨げる磁束を発生する向き、
つまり下図矢印のような向きになります(右ねじの法則))。

 

 

ローレンツ力との対応

 

良く出る。

 

後はたくさんの問題に触れることが大事。

 

 

 

ファラデーの電磁誘導の法則 関連ページ

SI単位(工事中)
pHとは?pHとpKaの関係
密度とは?比重とは?密度と比重の違いは?
ナノ粒子とかのナノって何なの?SI接頭語のまとめ
イオンとはそもそも何のこと?その1 イオン発見の歴史と原子の構造と原子番号、質量数
電位とは何?電位の定義は?
電気と電荷、静電気力
電流と電荷、電流と電子
コンデンサーと交流(工事中)
電圧とは何か?電圧のイメージ、電流と電圧の関係(オームの法則)
合成抵抗1
合成抵抗2(直列と並列が混ざった回路)
電力、電力量、ジュール熱
コンデンサーとは何か?コンデンサーの静電容量
コンデンサーの合成
磁場とは何か?
電流と磁場の関係(電流がつくる磁場)
電流が磁場から受ける力(フレミング左手の法則)
ローレンツ力
電磁誘導とレンツの法則
各種電磁誘導の問題の演習
相互誘導と自己誘導(相互インダクタンスと自己インダクタンス)
コイルを含む回路、コイルが蓄えるエネルギー(工事中)
直流と交流、交流の基礎知識(一部工事中)
抵抗、コンデンサーと交流
コイルと交流、交流のまとめ
(工事中)色の見え方と化学
光のエネルギー
物質波とブラッグ反射
簡易的な体積の測定方法
単位まとめ表
図積分とは?
脳のシナプスと電圧

HOME プロフィール お問い合わせ