酸化とは?還元とは?酸化還元の定義その1、その2

酸化とは?還元とは?酸化還元の定義その1、2

 

こちらのページでは高校化学における

 

・酸化とは?還元とは?酸化、還元の定義その1(酸素との反応に着目)
・酸化、還元の定義その2(水素との反応に着目)

 

について解説しています。

 

酸化とは?還元とは?酸化、還元の定義その1

身近に生活している中で、良く食べ物などが酸化し腐ってしまうなど
「酸化」という言葉を聞くかと思います。

 

酸化とは何か?酸化の定義その1

 

それではこの「酸化」とはそもそも何か?下に解説していきます。

 

例えば、炭素を燃焼すると二酸化炭素に変化したり、中学実験でやったかもしれないですが
水素を燃焼させると水に変化しますよね。

 

ここで、上の炭素や水素のようにある物質が酸素と化合する時、その物質が「酸化された」という
表現をします。

 

酸化「された」という表現は慣れないかもしれませんので、気を付けて理解してましょう。

 

そして、反応後の二酸化炭素や水のように酸素と化合したもののことを酸化物と表現します。

 

また、鉄のさびが出来る反応も酸化ですが、燃焼のように急激に反応が進むわけではなく
ゆっくりと徐々に進むものもあります。

 

 

 

(※鉄のさびなどの腐食に関しては、大学で学ぶ電気化学と深い関わりがあります。
  興味がある方はこちらを参照してみてください。)

 

 

還元とは何か?還元の定義その1

次に「還元」とは何か?下に解説していきます。

 

イメージでは、「還元」は「酸化」の反対の反応であると考えることができます。

 

具体的には、酸化物が酸素を失うことを、その物質が「還元された」と表現します。

 

下の例では、酸化銅が水素により、銅に還元される反応を記載しています。

 

この時、酸化銅が還元される代わりに、水素が酸化されていることがわかります。

 

 

 

 

次に、酸化、還元の定義を拡張し、水素に着目する場合の考え方について解説します。

 

 

酸化、還元の定義その2

 

酸化、還元の定義その2

 

上に記載した「酸化」とはある物質が酸素と化合し、酸化物になる反応である(「還元はその逆」)
と解説しましたが、「水素」との反応で「酸化」を定義する考え方もあります。

 

具体的には、「酸化」とは「水素を失う反応」であると定義されています。
逆に、「還元」とは「水素と結合する反応」であると定義されています。

 

下に反応例を記載しますね。

 

 

 

 

 

このように「酸化」、「還元」にもいくつかのとらえ方があり、
さらに拡張した「電子の授受」による酸化還元の定義はこちらのページで解説しています。

 


HOME プロフィール お問い合わせ