酸化還元の定義その3とまとめ

酸化とは?還元とは?酸化還元の定義その3とまとめ

 

こちらのページでは高校化学における

 

・酸化還元の定義その3
・酸化還元反応のまとめ

 

について解説しています。

 

酸化、還元の定義その3

酸化還元反応その1では酸素の化合、脱離により酸化と還元が定義されていること を解説しています。

 

酸化還元反応その2では、水素の脱離、化合により酸化と還元が定義されていること
を解説しています。

 

 

酸化、還元の定義その3

 

さらに、酸化還元は「電子の授受」より、定義することができます。

 

下記に例を示します。

 

ここで、銅と酸素の反応により、酸化銅が生成されるという反応において(全反応)、
半反応式に分解していくと下記のようになります。

 

ここで、銅は銅イオンと電子に変化する、つまり電子を出します。

 

そして、この電子を出す反応が酸化と定義されています。

 

また、銅は酸素の授受による定義からも酸化されているのがわかりますよね。

 

逆に酸素が電子を受け取り、酸素イオンに変化しており、
この電子を受け取ることが還元と定義されています。

 

さらに、下例では、酸素との反応例を記載していますが酸素の含まない反応においても
この電子の授受があれば酸化還元反応であると考えることができます。

 

 

(※大学で学ぶ電気化学の分野では、この電子授受反応により酸化還元を考えることがほとんどで
  あるため、きちんと理解しましょう。)

 

 

 

各定義の酸化、還元のまとめ

酸化、還元には

 

@酸素に着目した分類
A水素に着目した分類
B電子に着目した分類

 

があることを解説しました。

 

各々の分類法と酸化、還元との対応を下記にまとめましたので、活用してください。

 

 

 

これらのの中の定義のどれか一つでも当てはまる反応がある反応内で起こっていたら、
その反応を酸化還元反応と呼びます。

 

そして、酸化還元反応ではある物質が酸化されると、他のある物質は必ず還元され、
バランスが保たれています。

 


HOME プロフィール お問い合わせ