ピークシフトとピークカット

ピークシフトとピークカット

 

近年では原発の問題やより環境問題への意識の高まりや電力自由化などから、節電などの電力に関係する情報を頻繁に耳にするようになりましたよね。

 

その中でも代表的な電力関連用語である

 

・ピークシフトとは?

 

・ピークカットとは?

 

について解説しています。

 

 

 

ピークシフトとは?

ピークシフトもピークカットも電力負荷を平準化する方法のことですが、各々意味が異なります、

 

まず、ピークシフトについて解説していきます。

 

ピークシフトとは、日中などの一般的に電力を多く使用する時間帯の電力使用量を減らし、夜間などの一般的に電力の使用量が少ない時間帯に電力を多く使用することで、使用電力を平準化させる方法のことです

 

つまり、リチウムイオン電池などの蓄電池などに夜間、電源より電気エネルギーを貯めておき(電力を使用し)、日中は蓄電池などに溜めた電気エネルギーを使う方法が一般的な例です。

 

リチウムイオン電池は他の二次電池と比べて、エネルギー密度が高く、かつ長寿命であるため、近年の家庭用、産業用蓄電池の主流になりつつあります。

 

 
 
関連記事

リチウムイオン電池の特徴と構成
エネルギー密度とは?

 

 

 

ピークカットとは?

ピークカットとは、太陽光発電や風力発電を始めとした再生可能エネルギーを使用したり、節電をすることにより、電力の使用量そのものを低減する方法のことです。

 

言い換えますと単純に電力を消費しないようにする方法と言えます。

 

最近では冷蔵庫などを始めとした家電のほとんどにこの省エネモードが搭載されており、より節電に取り組みやすい環境になってきているため、まずは身近でできることから取り組んでみましょう。
 

 
日中などの一般的に電力を多く使用する時間帯の電力使用量を減らし、夜間などの一般的に電力の使用量が少ない時間帯に電力を多く使用することで、使用電力を平準化させる方法のことです

 

つまり、リチウムイオン電池などの蓄電池などに夜間、電源より電気エネルギーを貯めておき(電力を使用し)、日中は蓄電池などに溜めた電気エネルギーを使う方法が一般的な例です。

 

リチウムイオン電池は他の二次電池と比べて、エネルギー密度が高く、かつ長寿命であるため、近年の家庭用、産業用蓄電池の主流になりつつあります。

 

関連記事

リチウムイオン電池の特徴と構成
エネルギー密度とは?

 


HOME プロフィール お問い合わせ