ピークシフトとピークカット

ピークシフトとピークカット

 

近年では原発の問題やより環境問題への意識の高まりや電力自由化などから、節電などの電力に関係する情報を頻繁に耳にするようになりましたよね。

 

その中でも代表的な電力関連用語である

 

・ピークシフトとは?

 

・ピークカットとは?

 

について解説しています。

 

 

 

ピークシフトとは?

ピークシフトもピークカットも電力負荷を平準化する方法のことですが、各々意味が異なります、

 

まず、ピークシフトについて解説していきます。

 

ピークシフトとは、日中などの一般的に電力を多く使用する時間帯の電力使用量を減らし、夜間などの一般的に電力の使用量が少ない時間帯に電力を多く使用することで、使用電力を平準化させる方法のことです

 

つまり、リチウムイオン電池などの蓄電池などに夜間、電源より電気エネルギーを貯めておき(電力を使用し)、日中は蓄電池などに溜めた電気エネルギーを使う方法が一般的な例です。

 

リチウムイオン電池は他の二次電池と比べて、エネルギー密度が高く、かつ長寿命であるため、近年の家庭用、産業用蓄電池の主流になりつつあります。

 

 
 
関連記事

リチウムイオン電池の特徴と構成
エネルギー密度とは?

 

 

 

ピークカットとは?

ピークカットとは、太陽光発電や風力発電を始めとした再生可能エネルギーを使用したり、節電をすることにより、電力の使用量そのものを低減する方法のことです。

 

言い換えますと単純に電力を消費しないようにする方法と言えます。

 

最近では冷蔵庫などを始めとした家電のほとんどにこの省エネモードが搭載されており、より節電に取り組みやすい環境になってきているため、まずは身近でできることから取り組んでみましょう。
 

 
日中などの一般的に電力を多く使用する時間帯の電力使用量を減らし、夜間などの一般的に電力の使用量が少ない時間帯に電力を多く使用することで、使用電力を平準化させる方法のことです

 

つまり、リチウムイオン電池などの蓄電池などに夜間、電源より電気エネルギーを貯めておき(電力を使用し)、日中は蓄電池などに溜めた電気エネルギーを使う方法が一般的な例です。

 

リチウムイオン電池は他の二次電池と比べて、エネルギー密度が高く、かつ長寿命であるため、近年の家庭用、産業用蓄電池の主流になりつつあります。

 

関連記事

リチウムイオン電池の特徴と構成
エネルギー密度とは?

 

ピークシフトとピークカット 関連ページ

【得する?損する?】家庭用蓄電池設置のメリット、デメリット
スマートハウスとゼロエネルギーハウス(zeh)の違いは?
オフグリッド(独立型電源)とは?【リチウムイオン電池の重要性】
ネガワットとは?
デマンドレスポンスとは?デマンドレスポンスの種類は?
電力の単位【VA】と【W】の変換方法 皮相電力・有効電力・力率とは?計算問題を解いてみよう【演習問題】
バーチャルパワープラント(VPP)とは?メリットは?
太陽電池の発電の原理とは?n型、p型発電の原理は?
三相交流と単相交流の違いは?
絶縁抵抗とは?電気抵抗とは異なる?
家庭用蓄電池における塩害とは?
電力潮流と逆潮流とは?【電力・リチウムイオン電池関連の用語】
エネルギー消費効率(COP)とは?APFとは?計算方法は?
耐電圧・絶縁抵抗・絶縁耐力の違いは?耐電圧試験と絶縁抵抗試験の違いは?
ハードウェアとソフトウェアとは?違いは?
リチウムイオン電池におけるBMU,CMUとは?
デマンド電力とは?デマンド料金制との関係は?
半導体(p型半導体・n型半導体)とpn接合
整流作用とpn接合
水力発電における発電出力の計算方法【有効落差・損失落差とは】
揚水発電の仕組み・メリット・デメリット(問題点) 水力発電との違いや太陽光発電との関係
IOTとは?身近な事例を用いてIOT技術を簡単に解説
IOTの構成要素とはデバイス・クラウド・アプリケーションに集約できる
IOTにおけるゲートウェイとサーバーとは?

HOME プロフィール お問い合わせ