三相交流と単相交流の違いは?

三相交流と単相交流の違いは?

 

最近ではスマートハウスやゼロエネルギーハウス(ZEH)といった環境にやさしい(環境負荷が小さい)仕組みが注目されていますよね。

 

スマートハウスは省エネを行いやすい環境が整った住宅のことを指し、ゼロエネルギーハウスは省エネだけでなく畜エネなども組み合わせた、スマートハウスの進化版のような住宅を指します。

 

これらの住宅において、太陽光発電・燃料電池発電・蓄電池(リチウムイオン電池)などを使用し、電気エネルギーを有効利用しています。

 

ところで、家庭や工場などの産業用設備に太陽光発電を導入する場合、電力会社と単相交流か三相交流かで電力の電源を決めておく必要があります。

 

ただ、単相と三相の違いは何なのでしょうか?

 

ここでは、単相交流と三相交流の違いについて解説しています。

 

・単相交流とは?

 

・三相交流とは?

 

・単相交流と三相交流とのコンセントの見分け方は?

 

・エアコンにおいて単相交流と三相交流を区別する方法は?見分け方は?

 

というテーマで解説していきます。

 

 

単相交流とは?太陽光発電と単相交流

単相交流は一般的に家庭やオフィスなどで使用され、仕様としては100Vと200Vが存在します。

 

単相では以下のように、交流のサインカーブの位相のズレがなく、一本であることから単相と呼びます。

 

単相交流の電力系統を選ぶメリットとしては、設置時の配線が簡単であることと安全であることが挙げられます。

 

 

 

 

単相交流のデメリットとしましては、送電時の電力のロスが大きいことです。

 

関連記事

 

絶縁抵抗とは?
家庭用蓄電池のメリット・デメリット
スマートハウスやゼロエネルギーハウス(ZEH)とは?
オフグリッド(独立型電源)とは?

 

 

三相交流とは?

三相交流は一般的に工場を始めとした産業用設備で使用され、仕様としては200Vのみです。

 

三相では以下のように、交流のサインカーブの位相のズレがあえい、三本であることから三相と呼びます。
ある瞬間におけるすべての電流の和が0となっていることが特徴です。

 

三相交流の電力系統を選ぶメリットとしては、送電効率が高いことが挙げられますが、産業用設備のように非常に大きな電気量を使用する場合のみメリットがあるといえます。

 

三相交流のデメリットとしては、設置時の配線が難しいことや安全性が単相交流よりも劣ることが挙げられます。

 

 

 

 

家庭用の太陽光発電であれば、単相交流の方のより向いているといえます。

 

設置時の配線が簡単であることと安全であることが挙げられます。

 

関連記事

 

絶縁抵抗とは?
家庭用蓄電池のメリット・デメリット
スマートハウスやゼロエネルギーハウス(ZEH)とは?
オフグリッド(独立型電源)とは?

 

単相交流と三相交流とのコンセントの見分け方は?

単相交流と三相交流のコンセントを見分ける方法としては、以下の図を参考にするとわかります。

 

(※工事中)

 

これを参考にして区別していくといいです。

 

関連記事

 

絶縁抵抗とは?
家庭用蓄電池のメリット・デメリット
スマートハウスやゼロエネルギーハウス(ZEH)とは?
オフグリッド(独立型電源)とは?

 

 

エアコンにおいて単相交流と三相交流を区別する方法は?見分け方は?

太陽光発電とは求められる特性が若干異なりますが、エアコンにおける単相と三相の違いについて解説していきます。

 

エアコンの外観(筐体)からは単相交流か三相交流は区別する方法はありません。

 

ただ、家庭用のエアコンでは単相交流に対応のエアコンのみですが、いまでは業務用も単相交流である場合が多いです(共用のものも多い)。

 

これは単純に性能がそれほど変わらなくなってきているのに対し、単相交流の方が電気代を安くすることが可能であるためです。

 

見分ける方法としては、製品No.やシリアルNoなどをたどるといいです。

 

関連記事

 

絶縁抵抗とは?
家庭用蓄電池のメリット・デメリット
スマートハウスやゼロエネルギーハウス(ZEH)とは?
オフグリッド(独立型電源)とは?

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ