IOTとは?身近な事例を用いてIOT技術を簡単に解説

IOTとは?身近な事例を用いてIOT技術を簡単に解説

 

いま「IOT社会が加速されている」ということをニュースでよく目にするようになりました。

 

おそらくIOTについて、「パソコンやスマホなどのインターネットと関連すること」となどという漠然とした意味は理解している方が多いでしょう。

 

ただ、「IOTの具体的な定義」や「実際にどのようなものに適用されているのか」などの詳細について理解している方は少ないといえます。

 

ここでは、IOTに関連する内容について解説していきます。

 

 

IOT(Internet Of Things)とは?IOTの定義

 

IOTとは、Internet Of Thingsの頭文字をとったものであり、直訳すると「もののインターネット」という意味を持ちます

 

もののインターネットという定義から転じて、IOTとは「私たちが普段使用しているさまざまなものがインターネットを通して相互につながることができる仕組みのこと」を指しているのです

 

私達は普段当たり前のように使用している、スマホやパソコンからあらゆるサイトを閲覧できるようになっていることも、IOTの一種です。

 

以下のような様子です。

 

 

 

そして、スマホやパソコンだけではなく、医療分野、住宅分野(スマートハウスやゼロエネルギーハウス)、自動車分野、ロボット分野、農業分野、AI分野などさまざまなものへのIOTの適用が進められています。

 

以下のようなイメージです。

 

 

例えば、医療分野におけるIOTとては、「自宅にいる心臓病の患者」と「離れた場所にいる医療機関」がネット空間を通じて、健康状態をリアルタイムで監視できるような仕組みなどが挙げられます。

 

詳しいことは後に記載していきますが、さまざま分野において、インターネットを通じて、簡単に場所の制約を問わずにつながれることが、IOTの特徴です。

 

 

IOT技術の進化におけるメリット

 

このように、多くの分野の発展に期待されるIOTですが、導入によってどのような良い点、悪い点があるのでしょうか。

 

以下で、IOT進化のメリット・デメリットについて確認していきます、。

 

① より快適・便利あnな生活を送れる

 

IOTiを導入することの地調書としては、

 

個人の消費者において、あるゆるものの遠隔監視ができるようになるため、快適案生活を送れるようになるということがあげられます。

 

例えば、先にも述べた医療分野における遠隔での健康状態にも似たんリングであったり、住宅分野におけるドアのロックや電気のつけっぱなしの監視などが可能になるといえます。
そのため、普段の生活において安心度を高めることが可能となるのです。

 

 

② 企業におけるIOT導入では消費者のニーズあが把握しやすく案る

 

例えば、蓄電池を販売しているメーカーにおいては、IOTの導入によって見える化がすすむと、消費者がどどのようなタイミングで、どのような量を、使用しているのかなどがわかります。

 

つまり、消費者の使用の頻度やタイミングを把握できるようになるため、より消費者のニーズに合わせた製品設計ができるのようになるというメリットがでてきます。

 

 

③ 何かあたら

 

IOT技術のデメリット

 

一方でIOT技術普及によるデメリットとしては、、以下のような項目があげられます。

 

① ネットワークの異常時や情報漏洩時字された際に、被害が大きくなる

 

・ネット和k-九へのダメージがお菊案る

 

IOT化が進んことの悪い点としては、ネットワークが故障した際や白金が鵜されたときに、そのダメージが拡大することといえます。
あるゆる情報がインターネットを通してつながっているために、一つが異常事態となるとそれと連動して、他の危機や仕組みにも悪絵影響を与えるリスクが高まります。

 

 

② 貴人情報の扱いの線引きが難しくなる(データの所有と使用権)

 

IOT社会が加速されて、先にも述べたような自分の健康状態のデータがつくられることとなります。

 

このような場合では、このデータは誰のものになるのでしょうか。私のデータという意見も出ますし、医療機関のものという意見もでるでしょう。もしくは、データ管理を行う管理会社のものという見方もできます、そのため、あらかじめ所有権がだれにあるのかを明確にすり合わせておく必要性が増すといえるのです。

 

同様に、製品を提供する側としては、どこまでの個人情報を入手していいのかという法律的。・倫理的な課題がでてきます。

 

例えば、私体がスマホを使用しており、電源がついている時間程度の除法の取得をされるのは気にならないが、いつ電話をかけて、いつメールをしたなどという情報まで入手されると気になる方が出てくるなどい問題といえます。

 

このあたりは、個人の価値観の差が顕著に表れてくるために、使用者と企業側のすり合わせをより深くしておく櫃余が出てくるのです

 

③ 責任をだれがとるべきかの判断が難しくなる

 

 

例えば、先にも述べたような病気の患者の健康状態を監視するために、ウェアラブル上の監視装置(腕時計のようなもんお)を導入するとします。
このとき、いくつかの原因が重なり、健康状態が悪化したにも関わらず、その情報が伝わらずに、大きな問題となった場合を考えてみましょう。
そして、この要因とは、ウェアラブル装置の不具合や、データを保存する際のシステムの通信速度が遅くなっていること、医療機関の監視システムも多少故障気味であったこととろ、それぞれに責任があるようなことも起こるわかです。

 

このような場合、だれが責任をとるのか、もしくは角機関で責任をとるときにどのゆjな割合にするべきなのかなどと、IOT特有のしい課題が出てくることがあります。

 

このように、IOT特有の問題が生じることが悪い点の一つといえます。

 

 

このように、IOTの欠点(デメリットを十分に抑えたうえで、メリットをいかせるよな社会となることを願っています。

 

 

IOTでできる技術の種類

 

このような人の生活を便利に豊かにできるIOTですが、その構成技術にはどのような種類があるのでしょうか。

 

以下で確認していきます。

 

センサでデータを取得し、取得したものをクラウド上にのこします。

 

いまでは、各種センサー技術が発展してきているために、

 

クラウドとは、簡単にいうとデータを複数の人が見れるように、おいておける仮想的な空間のことを指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

IOTの実例

 

自動者分野におけるIOT技術の概要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IOTとは?身近な事例を用いてIOT技術を簡単に解説 関連ページ

【得する?損する?】家庭用蓄電池設置のメリット、デメリット
スマートハウスとゼロエネルギーハウス(zeh)の違いは?
オフグリッド(独立型電源)とは?【リチウムイオン電池の重要性】
ピークシフトとピークカット
ネガワットとは?
デマンドレスポンスとは?デマンドレスポンスの種類は?
電力の単位【VA】と【W】の変換方法 皮相電力・有効電力・力率とは?計算問題を解いてみよう【演習問題】
バーチャルパワープラント(VPP)とは?メリットは?
太陽電池の発電の原理とは?n型、p型発電の原理は?
三相交流と単相交流の違いは?
絶縁抵抗とは?電気抵抗とは異なる?
家庭用蓄電池における塩害とは?
電力潮流と逆潮流とは?【電力・リチウムイオン電池関連の用語】
エネルギー消費効率(COP)とは?APFとは?計算方法は?
耐電圧・絶縁抵抗・絶縁耐力の違いは?耐電圧試験と絶縁抵抗試験の違いは?
ハードウェアとソフトウェアとは?違いは?
リチウムイオン電池におけるBMU,CMUとは?
デマンド電力とは?デマンド料金制との関係は?
半導体(p型半導体・n型半導体)とpn接合
整流作用とpn接合
水力発電における発電出力の計算方法【有効落差・損失落差とは】
揚水発電の仕組み・メリット・デメリット(問題点) 水力発電との違いや太陽光発電との関係
IOTの構成要素とはデバイス・クラウド・アプリケーションに集約できる
IOTにおけるゲートウェイとサーバーとは?

HOME プロフィール お問い合わせ