サイクリックボルタンメトリーの原理と測定結果の例

電気化学の測定方法 -サイクリックボルタンメトリー-

 

電気化学の測定法として有名な測定方法の一つにサイクリックボルタンメトリー(CV)が
挙げられます。

 

このページでは、

 

・サイクリックボルタンメトリーの原理

 

・サイクリックボルタンメトリーの測定結果の例

 

について解説しています。

 

サイクリックボルタンメトリーを用いた時の解析方法はこちら で解説しています。

 

 

サイクリックボルタンメトリーの原理

サイクリックボルタンメトリー(cyclic voltammetry) とは、各用語に分けると各々

 

cyclic:繰り返し、volt:電位、am-:電流、metry:測定を意味しています。

 

つまり、サイクリックボルタンメトリーとは、繰り返し電位を走査した際の電流の測定を行う方法と言えます。

 

電極の電位を特定の範囲で走査させ、それに応じて流れる反応電流を測定することで、電気化学的な各情報を解析することができます・

 

(※サイクリックボルタンメトリーでは、ある値で電位を走査させる向きを変化させますが、LSVと呼ばれる方法ではある値からある値まで片道での走査を行います。また電位を急激にある値に変化させ一定値を保ち、その場合の電流値の経時変化の挙動を測定するためにはクロノアンぺロメトリ−と呼ばれる方法により測定が行われます。)

 

一般的な装置自体の仕組みとしては、ポテンショスタット(定電位電解装置)により三電極セルに対して電位の走査を行い得られた反応電流の情報を、ポテンショスタットに繋がれたレコーダーで解析します。

 

また、ポテンショスタットで電位を走査するための関数発生器もポテンショスタットについています。

 

 

関連記事

 

三電極法とは?
サイクリックボルタンメトリーを用いた解析方法
LSVの原理と測定結果の例
クロノアンぺロメトリ−(CA)の原理と測定結果の例
燃料電池(PEFC)における電極触媒のCV測定
燃料電池(PEFC)における酸素還元活性(ORR活性)とは?

 

 

サイクリックボルタンメトリーの測定結果の例

サイクリックボルタンメトリーを行った際に、横軸に電位、縦軸に反応電流値を取った曲線が得られます。

 

この曲線をサイクリックボルタモグラム、またはボルタモグラムと呼びます。

 

可逆系であり1電子反応(シンプルなモデル)の代表例として、
Fe(CN)63- /Fe(CN))64- 系の酸化還元反応が挙げられます。

 

このサイクリックボルタモグラムのイメージ図を用いて、解析方法を解説します。

 

 

 

 

Fe(CN)63- /Fe(CN))64- 系の平衡電位では、アノード反応とカソード反応が釣り合っているため、見かけの電流は流れません(実際は両方の向きに交換電流が流れています)。

 

@電位を正に走査していく(Fe(CN)63- /Fe(CN))64- 系では基準電極にSCEを使用します)と
アノード(酸化)反応が起こり始めます。

 

アノード反応が進むにつれ、反応電流が流れます。

 

A反応電流が徐々に大きくなり、平衡電位付近にてピークを迎えると、Fe(CN))64- が消費されるため、
 反応電流が徐々に小さくなり、一定になっていきます。

 

 次に一定になる値付近で電位走査の向きを折り返し始めます。
 (試験を行う時に、下限、上限電位を設定しておきます。)

 

ここで、電位を上げ過ぎると電解液が分解する等、起こってほしくない反応等が起きる可能性がありますので注意しましょう。

 

B電位を負の向きに折り返し始めると、生成され濃度が高くなっているFe(CN)6 3- の
 (Fe(CN))64- 系が消費され、Fe(CN)63- が生成されています)カソード(還元)反応が起こり始めます。

 

 すると、電流の符号はアノード反応と逆であり、アノード反応と同様にピークに到達後、
 一定値に向かいます。

 

Cアノードとカソード反応のピークを取る電位の中心が、この酸化還元反応における
 厳密な平衡電位に当たります。

 

上述では、シンプルなモデルで有名な反応であるFe(CN)63- /Fe(CN))64-系の酸化還元反応を解説しました。

 

ただし、実際に電池材料などを評価する場合は複雑であることが多く、具体的に知りたい情報を知るための前知識が必要です。

 

サイクリックボルタモグラムによる解析、わかる情報についてはこちらで解説していますので、参考にしてみてください。

 

 

関連記事

 

三電極法とは?
サイクリックボルタンメトリーを用いた解析方法
LSVの原理と測定結果の例
交換電流とは?
アノード(酸化)、カソード(還元)反応とは?
クロノアンぺロメトリ−(CA)の原理と測定結果の例
燃料電池における電極触媒のCV測定
燃料電池(PEFC)における酸素還元活性(ORR活性)とは?

サイクリックボルタンメトリーの原理と測定結果の例 関連ページ

エネルギー変換
化学変化の基礎(エンタルピー、エントロピー、ギブズエネルギー)
反応ギブズエネルギーと標準生成ギブズエネルギー
化学平衡と化学ポテンシャル、活量、平衡定数○
電圧とギブズエネルギーの関係○
化学ポテンシャルと電気化学ポテンシャル、ネルンストの式○
ネルンストの式の導出
【演習問題】ネルンストの式を使用する問題演習をしよう!
電池反応に関する標準電極電位のまとめ(一覧)
標準電極電位とは?電子のエネルギーと電位の関係から解説
標準電極電位の表記例と理論電圧(起電力)の算出
標準電極電位と金属の電子状態○
電池内部の電位分布、基準電極に必要なこと○
基準電極の種類
電気二重層、表面電荷と電気二重層モデル
電気化学の測定方法 -三電極法-
サイクリックボルタンメトリーにおける解析方法
LSVの原理と測定結果の例
クロノアンぺロメトリ―の原理と測定結果の例
クロノポテンショメトリ―の原理と測定結果の例
電荷移動律速と拡散律速(電極反応のプロセス)○
電気化学の測定方法 -等価回路-
電気化学の測定方法 -交流インピーダンス法-○
【拡散律速時のインピーダンス】ワールブルグインピーダンスとは?限界電流密度とは?【リチウムイオン電池の抵抗成分】
電解質の電気抵抗、電気伝導率
イオンの移動度とモル伝導率 輸率とその計算方法は?
イオン強度とは?イオン強度の計算方法は?
電子授受平衡と交換電流、交換電流密度○
Butler-Volmerの式(過電圧と電流の関係式)○
Tafel式とは?Tafel式の導出とTafelプロット○
【演習】アレニウスの式から活性化エネルギーを求める方法
活性化エネルギー詳細
加速劣化試験と電池部材の耐食性評価
腐食とは?腐食の種類と電位-pH図
ファラデーの法則とは?ファラデー電流と非ファラデー電流とは?
めっきとは?めっきの役割と種類
【演習問題】電流効率とは?電流効率の計算方法【リチウムイオン電池部材のめっき】
ド・ブロイの物質波とハイゼンベルグの不確定性原理
波動関数と電子の存在確率(粒子性と波動性の結び付け)
シュレーディンガー方程式とは?波の式からの導出
波の式を微分しシュレーディンガー方程式を導出
井戸型ポテンシャルの問題とシュレーディンガー方程式の立式と解
オイラーの公式と導出
光と電気化学 基底状態と励起状態 蛍光とりん光 ランベルト−ベールの式
電磁波の分類 波長とエネルギーの関係式 1eVとは?JやVとの関係は?
光と電気化学 励起による酸化還元力の向上
溶解度積と電気化学
再配向エネルギーと活性化エネルギー
内圏型と外圏型電子移動の違い
pHセンサー(pHメーター)の仕組みは?pHセンサー(pHメーター)と電気化学、ネルンストの式
ガスセンサー(固体電解質)の原理とは?ネルンストの式との関係は?
オリゴマーとは?ポリマーとオリゴマーの違いは?数平均分子量と重量平均分子量の求め方【演習問題】
面心立方格子、体心立方格子、ミラー指数とは?【リチウムイオン電池の正極材の結晶構造は】
アタクチックポリマー、イソタクチックポリマー、シンジオタクチックポリマーの違いは?【ポリマーのタクチシチ―】
おすすめの電気化学の参考書
電流密度とは?電流密度と電流の関係を計算してみよう【演習問題】
ギブズの相律とは?F=C-P+2とは?【演習問題】

HOME プロフィール お問い合わせ