再配向エネルギーと活性化エネルギー

再配向エネルギーと活性化エネルギー

 

このページでは、電気化学において重要な考え方である

 

・再配向エネルギーとは?

 

・再配向エネルギーと活性化エネルギーの関係

 

について、解説しています。

 

 

再配向エネルギーとは?

 

再配向エネルギーを解説する前の知識として、ポテンシャル曲線について理解する必要があります。

 

平衡状態におけるポテンシャル曲線や電圧がかかった際のポテンシャル曲線についてはこちらで解説しています。

 

ポテンシャル曲線からわかる情報として活性化エネルギーがありますが、他にわかる情報に再配向エネルギーと呼ばれるエネルギーがあります。

 

再配向エネルギーとは、配向が変化する際に発生もしくは吸収するエネルギーのことを指します。

 

 

言葉で解説するとイメージしにくいかもしれませんので、例を元に解説していきます。

 

ある溶液において溶媒を水とし、水溶液に何かしらの塩を溶かしその塩が電離したとします。

 

すると、水分子は酸素Oの方にマイナスの電荷が引き付けられていますので、電離した塩のカチオンの方にOを向けて(配向して)配置されるのです。

 

つまり、安定な状態がカチオンにOが向いて位置した状態と言えます。

 

 

 

 

逆に、Oが外向きでHがカチオンに向いている状態は不安定な状態となります。

 

 

 

そして、不安定な状態の方がエネルギーが高く、安定な状態の方がエネルギーが低いため、エネルギー差が出来ます

 

改めてまとめますと、配向が変化する際に発生もしくは吸収するエネルギーのことを再配向エネルギーと呼びます。

 

特に外圏型の電子移動反応において、この再配向エネルギーが電子移動速度に大きく影響を与え、以下ではこの外圏型反応であることを前提に解説させて頂きます。

 

関連記事
 

平衡状態や電圧がかかった際のポテンシャル曲線とは(バトラー・フォルマー式も解説)
外圏型と内圏型の電子移動とは?

 

 

再配向エネルギーと活性化エネルギーその1(再配向エネルギーの算出)

 

Buttler-Volmer式の導出にて解説しましたように、過電圧(活性化エネルギーも影響)と電流の関係において活性化エネルギーの大きさもこの関係に大きく影響します(後程解説します)。

 

 

 

 

そして、活性化エネルギーと再配向エネルギーの大きさにも関係があり、L=4Eaという式を満たすことが知られています(上図)。

 

そして再配向エネルギーの大きさは溶媒分子と反応分子との相互作用で決まります。

 

相互作用を決める主なパラメータは溶媒分子の極性と大きさです。

 

特に溶媒分子の極性に影響するパラメータには、誘電率と屈折率が挙げられます(詳細なパラメータには温度なども挙げられますがこれらは誘電率、屈折率に内包しているものです)。

 

これらを踏まえ提唱されている再配向エネルギーの算出式は以下の通りです(導出は別途解説しています)。

 


 
関連記事
 

平衡状態や電圧がかかった際のポテンシャル曲線とは(バトラー・フォルマー式も解説)
外圏型と内圏型の電子移動とは?

 

 

ポテンシャル曲線からから再配向エネルギーと活性化エネルギーの関係を考えよう

 

ポテンシャル曲線はy=kx^2の形で表すことができ、平衡状態での原系と生成系での曲線を例えばy=(x+a)^2とy=(x-a)^2と表すとします。

 

さらに過電圧nFη分ずらした生成系を考えることで、そやの交点の変化を見れば活性化エネルギーや再配向エネルギーの大きさを計算することができます。

 

a^2=平衡時のEa=L/4などを気を付けて解くことで以下の式を導出することができます。

 

一度流れを確かめてみると理解が深まるでしょう。

 

 

 
関連記事
 

平衡状態や電圧がかかった際のポテンシャル曲線とは(バトラー・フォルマー式も解説)
外圏型と内圏型の電子移動とは?

 

ExcelでLとEaの関係を確認してみよう!

 

実際の数値をExcelを用いて算出してみると以下のようになります。

 

 

初期の交点が平衡時の活性化エネルギーは(0,4)であり、生成系をnFη(上式では4)分ずらしたとすると、変化後の活性化エネルギーは(-0.5,2.25)となります。

 

ここで変化後のEa=(L-nFη)^2/4Lの式に当てはめますとL=16であることに注意して(16-4)^2/64=2.25と一致していることが確認できます。

 

 

 

関連記事
 

平衡状態や電圧がかかった際のポテンシャル曲線とは(バトラー・フォルマー式も解説)
外圏型と内圏型の電子移動とは?

再配向エネルギーと活性化エネルギー 関連ページ

エネルギー変換
化学変化の基礎(エンタルピー、エントロピー、ギブズエネルギー)
反応ギブズエネルギーと標準生成ギブズエネルギー
化学平衡と化学ポテンシャル、活量、平衡定数○
電圧とギブズエネルギーの関係○
化学ポテンシャルと電気化学ポテンシャル、ネルンストの式○
ネルンストの式の導出
【演習問題】ネルンストの式を使用する問題演習をしよう!
電池反応に関する標準電極電位のまとめ(一覧)
標準電極電位とは?電子のエネルギーと電位の関係から解説
標準電極電位の表記例と理論電圧(起電力)の算出
標準電極電位と金属の電子状態○
電池内部の電位分布、基準電極に必要なこと○
基準電極の種類
電気二重層、表面電荷と電気二重層モデル
電気化学の測定方法 -三電極法-
サイクリックボルタンメトリーの原理と測定結果の例
サイクリックボルタンメトリーにおける解析方法
LSVの原理と測定結果の例
クロノアンぺロメトリ―の原理と測定結果の例
クロノポテンショメトリ―の原理と測定結果の例
電荷移動律速と拡散律速(電極反応のプロセス)○
電気化学の測定方法 -等価回路-
電気化学の測定方法 -交流インピーダンス法-○
【拡散律速時のインピーダンス】ワールブルグインピーダンスとは?限界電流密度とは?【リチウムイオン電池の抵抗成分】
電解質の電気抵抗、電気伝導率
イオンの移動度とモル伝導率 輸率とその計算方法は?
イオン強度とは?イオン強度の計算方法は?
電子授受平衡と交換電流、交換電流密度○
Butler-Volmerの式(過電圧と電流の関係式)○
Tafel式とは?Tafel式の導出とTafelプロット○
【演習】アレニウスの式から活性化エネルギーを求める方法
活性化エネルギー詳細
加速劣化試験と電池部材の耐食性評価
腐食とは?腐食の種類と電位-pH図
ファラデーの法則とは?ファラデー電流と非ファラデー電流とは?
めっきとは?めっきの役割と種類
【演習問題】電流効率とは?電流効率の計算方法【リチウムイオン電池部材のめっき】
ド・ブロイの物質波とハイゼンベルグの不確定性原理
波動関数と電子の存在確率(粒子性と波動性の結び付け)
シュレーディンガー方程式とは?波の式からの導出
波の式を微分しシュレーディンガー方程式を導出
井戸型ポテンシャルの問題とシュレーディンガー方程式の立式と解
オイラーの公式と導出
光と電気化学 基底状態と励起状態 蛍光とりん光 ランベルト−ベールの式
電磁波の分類 波長とエネルギーの関係式 1eVとは?JやVとの関係は?
光と電気化学 励起による酸化還元力の向上
溶解度積と電気化学
内圏型と外圏型電子移動の違い
pHセンサー(pHメーター)の仕組みは?pHセンサー(pHメーター)と電気化学、ネルンストの式
ガスセンサー(固体電解質)の原理とは?ネルンストの式との関係は?
オリゴマーとは?ポリマーとオリゴマーの違いは?数平均分子量と重量平均分子量の求め方【演習問題】
面心立方格子、体心立方格子、ミラー指数とは?【リチウムイオン電池の正極材の結晶構造は】
アタクチックポリマー、イソタクチックポリマー、シンジオタクチックポリマーの違いは?【ポリマーのタクチシチ―】
おすすめの電気化学の参考書
電流密度とは?電流密度と電流の関係を計算してみよう【演習問題】
ギブズの相律とは?F=C-P+2とは?【演習問題】

HOME プロフィール お問い合わせ