電磁波の分類 波長とエネルギーの関係式 1eVとは?JやVとの関係は?

電磁波の分類 波長とエネルギーの関係式 1eVとは?JやVとの関係は?

 

このページでは

 

・電磁波の分類と可視光の分類

 

 ・波長とエネルギーの関係式

 

・1eV(エレクトロンボルト)の定義は?eVとJやVとの関係は?

 

について解説しています。

 

 

電磁波の分類と可視光の分類

紫外線や赤外線、可視光といった言葉を聞いたことはないでしょうか?

 

これらは光を始めとした電磁波を波長により分類したものであり、以下のよう分類できます。

 

有名な電磁波としては、波長の長い方からラジオ波、マイクロ波(μ波)、赤外線、可視光、紫外線、X線、γ線などがあります。

 

電磁波の分類と可視光の分類

 

 

 

 

つまり上述のイメージ図において、ガンマ線やX線に近づくほどエネルギーが大きくなり、ラジオ波に近づくほどのエネルギーが小さくなります。

 

用途により適したエネルギーの電磁波が使用され、以下に波長の長い方から各特徴について解説しています。

 

 

各電磁波の特徴

 

ラジオ波は10m~1km付近の波長のことであり、実際にラジオに使用されている電磁波でもあります。

 

μ波(マイクロ波)は、言葉とはことなり波長はμオーダーではなく数cm程度で、電子レンジや携帯電話などの身近な製品に使用されています。

 

赤外線が実際はμオーダーであり、サーモグラフや赤外線ヒータなどに使用されています。

 

可視光は、私達が見える光のことであり400〜800nm程度の波長の範囲にあり、波長は波長が長い方から赤橙黄緑青藍紫となります。

 

紫外線は、太陽の光からも出て私たちの肌にダメージを与えることで有名ですね。波長は数十〜数百nm程度の範囲で、その強いエネルギーを利用して、殺菌などにも使用されます。

 

X線の波長は10nm程度以下であり、レントゲン写真をとる際に使用されたり、科学的な解析装置(例えばXRD)などにも使用されています。

 

さらにγ線の波長は数十pm程度であり、その強いエネルギーは人体組織の破壊でき、逆にそこを利用してがんの治療や医療機器の滅菌などにも使用されています。

 

 

関連記事

 XRDとは?

 

 

 

 波長とエネルギーの関係式

ド・ブロイの物質波の考え方から、光には粒子性と波動性があり、光を波としてとらえ場合、ν=c/λで表すことができます(cは光速)。

 

そして、アインシュタインのエネルギーと振動数の関係式 E=hνに代入することで、E=hc/λというエネルギーと波長の関係式が得られます。

 

一般的にはエネルギーの単位は【J】を用いますが、光のエネルギーを考える場合は【eV】と使用する場合もあります(下にeVの詳細について記載しています)

 

この関係式から波長が短いほどエネルギーが大きいということがわかります。

 

(※ご参考:光速、プランク定数の値は以下の通りです)

 

光速c:2.998×10 8 m/s
プランク定数h:6.626×10-34 Js

 

 

関連記事

 

ド・ブロイの物質波とは?

 

 

 

 

 1eVの定義は?eVとJやVとの関係は?

 

上述のようにeV(エレクトロンボルト)はエネルギーを表す単位であることを解説しました。

 

 

1eVの定義は?

 

それでは、1eVの定義は何か?解説していきます。

 

「1eVとは、電子一つが1V間を移動する際に出るもしくは入るエネルギーのこと」です

 

 

eVとJの関係は?

 

エネルギーの単位J=電荷C×電圧Vで表されることを思い出し、この式を用い、JとeVの関係を導きます。

 

eVのeとは電気素量(1.602×10-19 C)のことを表しており、上式に代入しますと1eV=1.602×10-19C × 1V =1.602×10-19Jとなります。

 

 

eVとVの関係は?

 

eVとVは、両方ともにVという文字が入っているために似たような単位と勘違いされることがあります。

 

ただし、上述のよう

 

・eVはエネルギーを表す単位(Jと変換可能)
 
・Vは電位差(電圧)を表す単位

 

と異なる意味を表す単位です。また、各々はJ=C×Vの関係で結ばれることを覚えておきましょう。

 

 

関連記事

 

ド・ブロイの物質波とは?

 

 

 

 

電磁波の分類 波長とエネルギーの関係式 1eVとは?JやVとの関係は? 関連ページ

エネルギー変換
化学変化の基礎(エンタルピー、エントロピー、ギブズエネルギー)
反応ギブズエネルギーと標準生成ギブズエネルギー
化学平衡と化学ポテンシャル、活量、平衡定数○
電圧とギブズエネルギーの関係○
化学ポテンシャルと電気化学ポテンシャル、ネルンストの式○
ネルンストの式の導出
【演習問題】ネルンストの式を使用する問題演習をしよう!
電池反応に関する標準電極電位のまとめ
標準電極電位とは?電子のエネルギーと電位の関係から解説
標準電極電位の表記例と理論電圧の算出○
標準電極電位と金属の電子状態○
電池内部の電位分布、基準電極に必要なこと○
基準電極の種類
電気二重層、表面電荷と電気二重層モデル
電気化学の測定方法 -三電極法-
サイクリックボルタンメトリーの原理と測定結果の例
サイクリックボルタンメトリーにおける解析方法
LSVの原理と測定結果の例
クロノアンぺロメトリ―の原理と測定結果の例
クロノポテンショメトリ―の原理と測定結果の例
電荷移動律速と拡散律速(電極反応のプロセス)○
電気化学の測定方法 -等価回路-
電気化学の測定方法 -交流インピーダンス法-○
【拡散律速時のインピーダンス】ワールブルグインピーダンスとは?【リチウムイオン電池の抵抗成分】
電解質の電気抵抗、電気伝導率
イオンの移動度とモル伝導率
電子授受平衡と交換電流、交換電流密度○
Butler-Volmerの式(過電圧と電流の関係式)○
Tafel式とは?Tafel式の導出とTafelプロット○
【演習】アレニウスの式から活性化エネルギーを求める方法
活性化エネルギー詳細
加速劣化試験と電池部材の耐食性評価
腐食とは?腐食の種類と電位-pH図
ファラデーの法則とは?ファラデー電流と非ファラデー電流とは?
めっきとは?めっきの役割と種類
【演習問題】電流効率とは?電流効率の計算方法【リチウムイオン電池部材のめっき】
ド・ブロイの物質波とハイゼンベルグの不確定性原理
波動関数と電子の存在確率(粒子性と波動性の結び付け)
シュレーディンガー方程式とは?波の式からの導出
波の式を微分しシュレーディンガー方程式を導出
井戸型ポテンシャルの問題とシュレーディンガー方程式の立式と解
オイラーの公式と導出
光と電気化学 基底状態と励起状態 蛍光とりん光 ランベルト−ベールの式
光と電気化学 励起による酸化還元力の向上
溶解度積と電気化学
再配向エネルギーと活性化エネルギー
内圏型と外圏型電子移動の違い
pHセンサー(pHメーター)の仕組みは?pHセンサー(pHメーター)と電気化学、ネルンストの式

HOME プロフィール お問い合わせ