イオンの移動度

イオンの移動度とモル伝導率

 

こちらのページでは、イオンの移動度や輸率について解説します。

 

 

イオンの移動度の原理

イオンの移動度とは一言でいうと、言葉そのままで「イオンの移動の速さ、しやすさ」と言えます。

 

特にこのサイトのテーマであるリチウムイオン電池では、電解液中等でLiイオンが移動することで
反応が起こります。

 

そのため、この電解液中のLiイオンの移動が遅い、つまり移動度が低いと、電池としての内部抵抗が高くなってしまいます。

 

内部抵抗を低く保つためにも、Liイオンの移動を速くする設計が必要であり、設計するためには、
その原理を理解することが重要です。

 

 

イオンの移動の原理について下記に解説します。

 

イオンがある溶液中に存在し、その溶液の粘度がη /Pa・s である時のイオンにかかる力の釣り合いを
考えていきます。

 

イオンは電荷z、半径a /mであり、移動速度をs /ms^-1とします。
電場の強さE/ Vm^-1、で電気素量eを用います。

 

電場から受ける力(左辺)と、溶液の摩擦力(右辺)が釣り合うため、下記の等式が成り立ちます。

 

 

 

 

この等式をsについて解くと、一定になったと時の速度(ドリフト速度)が算出できます。

 

そして、単位電場当たりのドリフト速度のことをイオンの移動度と定義されており、
下記の通りとなります。

 

 

 

ここで、移動度の項の中に電荷や電気素量、そして溶液の粘度等を含むため、
電気伝導率と密接な関係があることが想像できますね。

 

実際に関係があり、電気伝導率の大元となるモル伝導率とイオンの移動度の関係を
解説します。

 

 

イオンの移動度とモル伝導率

モル伝導率とイオンの移動度の関係は以下の通りです。

 

 

 

さらに、カチオン成分とアニオン成分のモル伝導率の和が極限モル伝導率であるため、上式を用いると
下記の関係式が導かれます。
(こちらのページで解説したイオン独立の法則のおさらいから記載しています)

 

 

 

輸率とは?

極限モル伝導率とイオンのモル伝導率の関係を解説したところで、
次に輸率という言葉について解説します。

 

 

リチウムイオン電池では、電解液中のリチウムイオン(カチオン)が電荷を運ぶキャリアとして機能します。

 

溶媒にリチウムイオン(カチオン)が存在するということは、アニオンも存在することになります。
(電気的中性の法則より)(リチウムイオンを生成するために溶媒に溶かし、解離させています)

 

電池を通電させた際、リチウムイオンが移動しやすいほど、電荷を多く運べる、
つまり電流が流れやすくなる(電池の抵抗が小さくなる)ことになります。

 

そのため、リチウムイオン(カチオン)を出来るだけ移動しやすくすることが電池設計として重要です。

 

つまり移動速度の速いイオンは、遅いイオンより多くの電荷を運べるということになります。

 

そして、特定のイオンが全体の電流の中で運ぶ電流の割合のことを輸率と呼びます。

 

イオンの輸率の定義は以下の通りです。

 

 

 

また、モル伝導率を用いると無限希釈時のイオンの輸率は以下のように表すことができます。

 

 

 

 

リチウムイオン電池では、Liイオン(カチオン)の輸率はおおよそ0.3〜0.4程度と
0.5以下になっていることが多いです。

 

移動の定義(u=ze/6πηa)から分母に半径aが存在するため、半径が小さいほど移動度が高くなります。

 

それでは、Liイオンの半径は小さいのに、なぜ輸率が0.3〜0.4程度なの?と思うでしょう。

 

それは、Li塩が電解液溶媒に解離する際、Liイオンが溶媒和し、実質の半径がLiイオンより大きくなっており、
さらにはアニオンよりも大きくなっていることが多いことが理由です。

 

 

 

抵抗の小さい電解液を設計するための指針についてはこちらに解説しています。

 

 

 

イオンの移動度とモル伝導率 関連ページ

エネルギー変換
化学変化の基礎(エンタルピー、エントロピー、ギブズエネルギー)
反応ギブズエネルギーと標準生成ギブズエネルギー
化学平衡と化学ポテンシャル、活量、平衡定数○
電圧とギブズエネルギーの関係○
化学ポテンシャルと電気化学ポテンシャル、ネルンストの式○
ネルンストの式の導出
【演習問題】ネルンストの式を使用する問題演習をしよう!
電池反応に関する標準電極電位のまとめ(一覧)
標準電極電位とは?電子のエネルギーと電位の関係から解説
標準電極電位の表記例と理論電圧(起電力)の算出
標準電極電位と金属の電子状態○
電池内部の電位分布、基準電極に必要なこと○
基準電極の種類
電気二重層、表面電荷と電気二重層モデル
電気化学の測定方法 -三電極法-
サイクリックボルタンメトリーの原理と測定結果の例
サイクリックボルタンメトリーにおける解析方法
LSVの原理と測定結果の例
クロノアンぺロメトリ―の原理と測定結果の例
クロノポテンショメトリ―の原理と測定結果の例
電荷移動律速と拡散律速(電極反応のプロセス)○
電気化学の測定方法 -等価回路-
電気化学の測定方法 -交流インピーダンス法-○
【拡散律速時のインピーダンス】ワールブルグインピーダンスとは?【リチウムイオン電池の抵抗成分】
電解質の電気抵抗、電気伝導率
電子授受平衡と交換電流、交換電流密度○
Butler-Volmerの式(過電圧と電流の関係式)○
Tafel式とは?Tafel式の導出とTafelプロット○
【演習】アレニウスの式から活性化エネルギーを求める方法
活性化エネルギー詳細
加速劣化試験と電池部材の耐食性評価
腐食とは?腐食の種類と電位-pH図
ファラデーの法則とは?ファラデー電流と非ファラデー電流とは?
めっきとは?めっきの役割と種類
【演習問題】電流効率とは?電流効率の計算方法【リチウムイオン電池部材のめっき】
ド・ブロイの物質波とハイゼンベルグの不確定性原理
波動関数と電子の存在確率(粒子性と波動性の結び付け)
シュレーディンガー方程式とは?波の式からの導出
波の式を微分しシュレーディンガー方程式を導出
井戸型ポテンシャルの問題とシュレーディンガー方程式の立式と解
オイラーの公式と導出
光と電気化学 基底状態と励起状態 蛍光とりん光 ランベルト−ベールの式
電磁波の分類 波長とエネルギーの関係式 1eVとは?JやVとの関係は?
光と電気化学 励起による酸化還元力の向上
溶解度積と電気化学
再配向エネルギーと活性化エネルギー
内圏型と外圏型電子移動の違い
pHセンサー(pHメーター)の仕組みは?pHセンサー(pHメーター)と電気化学、ネルンストの式
オリゴマーとは?ポリマーとオリゴマーの違いは?数平均分子量と重量平均分子量の求め方【演習問題】
面心立方格子、体心立方格子、ミラー指数とは?【リチウムイオン電池の正極材の結晶構造は】
アタクチックポリマー、イソタクチックポリマー、シンジオタクチックポリマーの違いは?【ポリマーのタクチシチ―】

HOME プロフィール お問い合わせ