気体分子運動論とボルツマン定数

気体分子運動論とボルツマン定数

 

こちらのページでは高校物理における

 

・気体分子運動論とボルツマン定数

 

について解説しています。

 

気体分子運動論とボルツマン定数

気体分子運動論により気体の分子と圧力の関係は以下のようになります。
気体分子運動論による圧力の導出はこちらで解説しています。

 

 

この式を用いて気体の状態方程式

 

pV = nRTに代入していきます。

 

ここで上式の大文字のNはある空間における気体の分子数であり、nは物質量、つまりモル数であることに注意しましょう。

 

 

 

と気体の状態方程式に気体分子運動論から算出された圧力を代入していきます。

 

ここで、ボルツマン定数と呼ばれる運動量とエネルギーを結びつけるイメージの定数があります。
 
ボルマン定数はkで表され、気体定数R/NAに対応します。

 

そして、下記のような等式が成り立つのです。

 

 

 

 

つまり、分子が持つ運動エネルギーは温度のみに依存するということであり、この考え方は非常に重要ですので理解しましょうね。

 

ちなみに値としては、1.381 × 10^ -23 J/Kとなります。

 

関連記事

気体分子運動論とは?

気体分子運動論とボルツマン定数 関連ページ

SI単位
密度とは?比重とは?密度と比重の違いは?【演習問題】
ミリ、ミクロン、ナノ、ピコとは?SI接頭語と変換方法【演習問題】
電位とは何?電位の定義は?
電気と電荷、静電気力
電流と電荷(I=Q/t)、電流と電子の関係
コンデンサーと交流
電圧とは何か?電圧のイメージ、電流と電圧の関係(オームの法則)
合成抵抗1
合成抵抗2(直列と並列が混ざった回路)
電力、電力量、ジュール熱
コンデンサーとは何か?コンデンサーの静電容量
コンデンサーの合成
磁場とは何か?
電流と磁場の関係(電流がつくる磁場)
電流が磁場から受ける力(フレミング左手の法則)
ローレンツ力
電磁誘導とレンツの法則
ファラデーの電磁誘導の法則
各種電磁誘導の問題の演習
磁束と磁束密度の定義・違いは?
相互誘導と自己誘導(相互インダクタンスと自己インダクタンス)
コイルを含む回路、コイルが蓄えるエネルギー
直流と交流、交流の基礎知識 実効値と最大値が√2倍の関係である理由は?
抵抗、コンデンサーと交流抵抗、コンデンサーと交流
コイルと交流、交流のまとめ
光のエネルギー
物質波とブラッグ反射(ブラッグの式)
気体分子運動論とは?
電流の定義のI=envsを導出する方法
角速度(角周波数)とは何か?角速度(角周波数)の公式と計算方法 周期との関係【演習問題】
クーロンの法則 導出と計算問題を問いてみよう【演習問題】
電気回路に短絡している部分が含まれる時の合成抵抗の計算

HOME プロフィール お問い合わせ