転職が決まらないために鬱や焦りを感じているときの対処方法【不安への対策】

↑公開しているnote(電子書籍)の内容のまとめています。興味ある方は是非ご閲覧お願いします。

転職が決まらないために鬱や焦りを感じているときの対処方法【不安への対策】

 

転職活動を始めた方で、「なかなか内定が決まらず鬱になりそう」「本当に転職できるのか不安」という気持ちになる方は非常に多いです。

 

転職したいという気持ちが強ければ強いほど、焦りが出てくるといえます。

 

ただ、転職希望者にとってこのような焦りや心配する気持ちが出てくることは、ごく自然な感情です。この気持ちが出ることをネガティブに捉える必要はなく、「なぜ転職が決まらないのかという原因」と「その後に行動すべき対策」を考えることによって、転職を成功に導きやすくなるのです。

 

ここでは「転職が決まらないことで鬱になったり、焦ったりする原因とその対処方法」について解説していきます。

 

 

・転職が決まらずに鬱や焦りを感じている原因を客観的に考えてみよう

 

・転職活動での焦りや不安は視点を変えるだけでプラスに変化できる

 

・転職で内定が出ないことでの焦りを克服出来たら、具体的な対策をとるべき

 

というテーマで解説していきます。

 

 

転職が決まらずに鬱や焦りを感じている原因を客観的に考えてみよう

 

転職を決意する理由としては、「職場での人間関係が悪い」「業務が激務で鬱や体調不良となっている」「給料が非常に安い」などが挙げられます。

 

 

このような原因から、あなた自身が「非常につらい」と長期間感じているのであれば、積極的に転職活動を行うべきです

 

あなたにとって好ましくない状況が発生している理由は、単純に「その環境との相性が良くない」ことといえます。そのため転職を行うことによって、あなたが感じているストレスを軽減できる可能性が高いのです。

 

そして、実際に転職活動を始めたとします。が、そもそも転職をするには多くの労力と時間がかかります。

 

私の周囲には転職成功者が多くいますが、「なかなか採用が決まらず鬱気味になった」「長引く転職活動から多くの焦りや不安を感じた」という生の声を聴くことが非常に多いです

 

実際に転職者の統計としても、活動を始めてから転職の内定が出るまでに、数か月ほどかかる方も多いほどです。

 

 

ただ、転職の内定がもらえないという理由で焦ったり、鬱になったりしては、より転職が決まるのが遅くなってしまう可能性があります。

 

このとき「あなたが転職が決まらないということに対して不安になっている理由」を客観的に書き出すと、鬱や焦る気持ちを軽くできます

 

私の転職成功者である友人が転職を初めてから3か月程度経過していたころに、実際にこの理由について書き出していました。

 

以下のような内容です。

 

  • そもそもエントリーシート(職務経歴書)を書いたり、転職の面接対策を行うこと自体に、時間や両側がかかり大変
  • 面接のための休みを取ることで、今の職場の方に転職活動がばれることが不安
  • 「転職を決める」という結果が出ないこと自体が鬱を引き起こす

 

そして友人は、客観的に転職が決まらないことへの焦りを書き出したことによって、気持ちの変化が起こっていました。つまり、この不安を引き起こす原因を書き出したことによって「焦りや鬱になる気持ちを緩和させることができた」と友人は話していたのです。

 

この感情の変化の詳細を、以下で確認していきます。

 

 

 

転職活動での焦りや不安は視点を変えるだけでプラスに変化できる

 

上で確認した鬱となる原因を、転職成功者の友人は以下のように捉えなおしていました。

 

エントリーシート(ES)を書いたり、転職の面接対策を行うこと自体の労力や時間が大変

 

→この感情に対しては、改めて転職活動を始めた初期と3か月経った後を比べてみると、初期よりも面倒くさい気持ちが減ったと感じています。

 

これは、単純にエントリーシートや職務経歴書に書くこと自体に慣れたことが大きな要因です。転職だけでなく、どのようなことでも、始めた初期は「何をしていいのかわからない」ことが多いため、ストレスを感じやすいものです。

 

このとき、転職活動を継続していたため、徐々にコツをつかめていき「より少ない労力」「より短い時間」で必要書類を記入できるようになっていたのです。結果として「本当はそこまで嫌な作業ではない」と本心から思うようになり、頑張ってチャレンジしていこうという前向きな気持ちとなりました

 

つまり、不安などのネガティブな気持ちを改めて紙に書き出す → その気持ちは本当なのかと客観的に考える → 実はそこまで嫌なことでない という一連の流れが起こったといえます。

 

 

 

面接のための休みを取ることで周囲に活動をしていることがばれていることが不安

 

また、転職活動として面接を受ける日程は会社が営業している平日の場合の方が多いです。そのため、有休(年休)を利用して転職の面接を受けに行く流れとなります。

 

さらに、転職の面接ではある周で一次面接を行って通過した場合は、その翌週などに二次面接を行うケースが多いです。

 

そのため、面接を詰め込み過ぎた場合には休みの日程が集中することが多いです。そのため、「転職活動をしているのではないか」と疑われることが鬱の材料となることがあります

 

ただ、「この転職活動をしていることがばれることが不安」という感情は、自分の視点を変えることで緩和させることが可能です。

 

この不安な感情は大きく分けて「うまく休む理由を考える」「ばれたところで大して問題にならない」の2パターンによって、払拭することができます

 

転職成功者がおすすめする上手に有給を取得する理由についてはこちらに記載していますが、正直なことを言うのではなく、「病気や家族都合などで相手から仕方ないと思われる理由を伝えること」を意識するといいです。

 

よほど疑い深い上司や先輩でない限り、重い理由を伝えれば、そこまでの詮索がされないことが多いです。

 

同様に私の周囲の転職成功者で多い意見では、「転職活動をしていること自体がばれても問題なかった」と感じている方も多かったです。

 

赤字経営が続いている会社であればリストラの対象になるケースがありますが、いまの企業や社会の流れとして「転職をしている疑いがあるだけで、評価を下げたり、やめさせたりすることはほとんどない」です。

 

加えて、他の方も自分のことで精一杯の方が多く、「あなたが転職活動しているかどうかにそこまで興味がない」というのも事実です。

 

このような理由から、転職活動を行うことがばれたところで問題ないため、そもそも不安になる必要がないのです。

 

 

 

「転職を決める」という結果が出ないこと自体が鬱を引き起こす

 

さらに、転職の内定をもらうということ自体が長い間達成できないため、焦りや不安が出てくることもあります。

 

ただ、この原因も捉え方を変えることによって、「鬱になるようなことではない」と設定しなおすことが可能です

 

確かに転職を決意した場合、活動に労力や時間もかかりますし転職は大変なことといえます。しかし、長い人生を生きていく限り、悩みは尽きることはありません。

 

そのため、転職に成功したからといって、その後の人生のすべてが好転するということではないのです。

 

つまり、「人生をより楽しんだり、より良くする過程の一つの工程に過ぎない」と捉えるといいのです。これを行うことで、転職が決まらないための焦りや不安を軽減することができます。

 

以下のようなイメージです。

 

 

 

このように、転職で内定が出ないときに焦ったり、鬱になったりしているときには、「具体的に不安になっている原因を書き出してみる」「その解釈が実は大したことでないと捉えなおし、焦りを軽減する」「落ち着いた状態で次に行うべき具体的な対策を考える」という一連の流れを行っていきましょう。

 

 

転職で内定が出ないことでの焦りを克服出来たら、具体的な対策をとるべき

 

最後に、具体的な対処方法について記載していきます。

 

※工事中

転職が決まらないために鬱や焦りを感じているときの対処方法【不安への対策】 関連ページ

「飲み会が嫌いで転職したい」はありなのか?
確実に技術者(エンジニア)として働く方法

HOME プロフィール お問い合わせ