【python】csvの書き込み(保存)時に列指定を行う方法【pandas(jupyternotebook)での出力】


↑公開しているnote(電子書籍)の内容のまとめています。
最新note:技術サイトで月1万稼ぐ方法(10記事分上位表示できるまでのコンサル付)

【python】csvの書き込み(保存)時に列指定を行う方法【pandas(jupyternotebook)での出力】

 

大量の科学的データを解析する際には、pythonを初めとしたデータ加工に長けたプログラミングを理解しておくと便利です。

 

例えば、python(jupyternotebook使用)のpandas機能にてcsvを読みこんだり、直接書き込むことによってdaraframe(データフレーム)を作成することがよくあります。

 

この時、データフレームをcsvデータとして出力(to_csv)することがありますが、このcsvの中の特例の列のみを指定して出力(保存)する方法について理解していますか。

 

ここではpythonのpandasにて列指定をしてcsv保存(書き込み)を行う方法について解説していきます。

 

・pandasにて列指定をしてcsv保存(書き込み)を行う方法【pythonにおける特定列のcsv出力】

 

というテーマで解説していきます。

 

 

pandasにて列指定をしてcsv保存(書き込み)を行う方法【pythonにおける特定列のcsv出力(columnsを使用)】

 

それでは、実際のデータ(架空のもの)を使用して、pythonのpandasにてcsvw保存する際に列指定を行う方法について確認していきます。

 

まずは、以下のような元のcsvデータをpandasにて読みこむとします。

 

 

このcsvデータにおいて、capacityの列のみを指定して、それをcsvデータとして書き込みたいケースがあるでしょう。

 

このようなpandasでのcsvデータの列指定を行って保存するには、以下のto_csv(csv書き込み)を行う際に、columnsのコードを入れるといいです。

 

具体的には以下のようなコードとなります。

 

import pandas as pd
df = pd.read_csv("C:/sample/sample1.csv", encoding="SHIFT_JIS")
df.to_csv("shuturyoku1.csv", columns=["capacity"], index=None)

 

これだけで特定の列のみに変更したcsvの保存を行うことができました。

 

なお、今回はindex=None(もしくはindex=Falase)のコードを入れているため、列指定して書きこみしたcsvのインデックスは無い状態です。

 

 

ヘッダーも消したいのであれば、header=None(もしくはheader=Falase)を入れていくといいです。

 

 

複数列を指定したcsvの出力(保存)もpandasでできる【python】

 

上では、capacityの一列のみを指定して、csvの出力を行いましたが、これだけでなく複数列でも対応できます。

 

import pandas as pd
df = pd.read_csv("C:/sample/sample1.csv", encoding="SHIFT_JIS")
df.to_csv("shuturyoku5.csv", columns=["capacity" , "data"] , index=None)

 

以下が特定の複数列のみが書き込み(保存)されたcsvのデータです。

 

 

pythonのpandasが使えるとcsvやexcelデータを開かずに処理できるので、大量のデータを扱う際には、かなり対応速度が上げられます。


HOME プロフィール お問い合わせ