リチウムイオン電池の取扱い上の注意点○

リチウムイオン電池の取扱い上の注意点

 

こちらのページでは、スマホや家庭用蓄電池など多くの家電製品に使用されているリチウムイオン電池の取扱い上の注意点について解説しています。

 

最近はリチウムイオン電池を使用したパソコンやスマホの発火事故がニュースで見かけられるようになり、リチウムイオン電池は使い方を間違えたり、過酷な状況での使用することにより、破裂・発火といった危険な状態になるという認識が徐々に高まりつつあるかと思います。(リチウムイオン電池でも電池により安全性は大きく異なります。)

 

例えば、電池を過充電、過放電、外部短絡してしまうと危険になるケースが多々あります。

 

上記のような危険な状態にならないようにするためにも取扱い方を注意する必要があり、下記テーマで解説しています。(基本的には購入時商品に付属の説明書に記載されているはずですが、目を通さずに使用する お客さんも多いのではないでしょうか?)

 

・リチウムイオン電池を取り扱う上での注意点

 

・まとめ

 

というテーマで解説しています。

 

 

リチウムイオン電池を取扱う上での注意点

 

電池を分解したり、強い刺激を与えない

 
リチウムイオン電池は一般的に正極負極、それらが直接触れることを防止するセパレータ電解液等で構成されています。

 

そこで、このリチウムイオン電池を分解したり、強い刺激を与えると、電池構成部材のセパレータが破れ、正極と負極が直接触れることにより、内部短絡(ショート)が起こり、局所的に発熱、さらには熱暴走につながる可能性もあります。

 

また、電解液には溶媒としてエチレンカーボネートを始めとした有機系の材料を使用していることが多く、また溶質としてフッ素を含んだLiPF6を使用していることが多いです。

 

そのため、手で触れたり、目に入った場合、危険であるため、絶対に電池を分解したり、強い刺激を与えたり
しないようにしましょうね!

 

個人的に思うのは、何らかの拍子にスマホを思いっきり靴のかかとで踏む等し電池が圧壊されたら、高い確率で危険な状態になるのではないかな?と思います。

関連記事
セパレータの材料化学
電解液(溶媒)の材料化学
電解液中塩としてフッ素を含んだLiPF6を使用する理由
短絡(ショート)とは?

 

 

高温下に置かない

 

高温下といっても商品を出しているメーカーさんが保証している作動温度範囲に入っていれば、問題ないです(例えば60℃まで保証しているのであればその温度まで(温度が高いほど劣化が進みやすくなります(SOHが悪くなる))。

 

ただし、真夏の車の中等では局所的には80℃付近までに上がる場合もあり、また偶然にコンロ付近に置きっぱなしにしてしまうと100℃を超える場合も有るでしょう。

 

その場合、電池内部でセパレータ(セパレータは主に薄い汎用樹脂フィルムが使用されることが一般的です。)のをが縮み、正極と負極が直接触れ、内部短絡(ショート)が起こることを始めとし、熱暴走に至る場合があります。

 

高温下になりそうな場所に置かないよう気を付けましょう。

 

関連記事
SOHとは?
SOCとは?(SOHとは違います)

 

 

短絡(ショート)させない

 

電池の外部に出ている正極(+極)と負極(−極)を金属などの導体で接続すると、その導体に大電流が流れ、火花が出る外部短絡(ショート)が起きます。

 

単電池の数Vで外部短絡させても危険なのですが、直接に繋いである組電池では電圧が単電池と比べて大きくなるためショートさせると非常に大きな火花が発生し、危険な状態になります。

 

遊びでは絶対にやらないようにしましょう。

 

また、リチウムイオン電池だけでなく、他の電池にも言えることですが、廃棄時は各極(正極、負極)をテープで覆うなどきちんと絶縁させてから廃棄する ように心がけましょう!

 

関連記事
電池の外部短絡試験とは?
組電池とは?
電池の廃棄方法(絶縁方法)

 

 

放電状態で長期間放置しない

 

放電状態で長期間放置することにより、過放電状態になる場合があります。

 

過放電では過充電と比較し、破裂・発火などの危険な状態にはなりにくいですが、使用できなくなってしまうことがあります。
(あまり事故は発生していないですが、理論上一般的なリチウムイオン電池で過放電状態になると、負極の集電体(電気エネルギーを集める部分)である銅が溶け出し、正極で析出、これがセパを貫通し内部短絡、熱暴走につながる場合があります)。

 

そのため、過放電状態にならないようにするためにも、放電状態での長時間放置はやめましょう。

 

関連記事
電池の過放電詩試験とは?
 

 

対応していない充電器を使用しない 

 
対応していない充電器を使用すると、過充電状態になることで電池が熱暴走に至る場合があります。

 

上述のように過充電状態となると破裂・発火に至る可能性が過放電よりも高く、破裂・発火までにならなくても電解液の蒸気が電池から噴出するなど危険な状態になる場合が高いです

 

意図して対応していない充電器を使用する場合は少ないと思いますが、対応している充電器をなくしてしまっていたり、手元にその充電器しかない場合、使ってしまう恐れがありますよね。

 

電池だけでなくどの商品にも言える事ですが、きちんと対応している充電器を使用しましょう。

 

関連記事
対応していない充電器を使用するとどうなる?
過充電状態とは?過充電の危険性

 

 

まとめ

 

上述したようにリチウムイオン電池の取扱い上の注意点は、

 

・電池を分解したり、強い刺激を与えない

 

・高温下に置かない

 

・短絡(ショート)させない

 

・放電状態で長期間放置しない

 

・対応していない充電器を使用しない

 

です。

 

意図しない場合でも上記の状態になることがありますので、十分注意してリチウムイオン電池使用の製品を使用していきましょう。

 

基本的には購入された商品の取扱い説明書記載内容をきちんと守っていきましょう!

 

リチウムイオン電池の取扱い上の注意点○ 関連ページ

容量(Ah,mAh容量),組電池の容量,SOC,DODとは?
【電池の容量】mAh,AhからWhに変換する方法【飛行機持ち込み160Wh以下かどうか判定する方法】
放電終止電圧、充電上限電圧とは?
【電池設計の基礎】電池設計シートを作ろう!1 容量の設計
【エネルギー密度の計算】多孔度と真密度から電極の厚みを計算してみよう!
SOH(電池の基礎用語)とは?
電池の容量の計算方法
組電池とは?組電池の容量と電圧の計算方法
Wh容量、SOC-OCV曲線、充放電曲線とは?○
電池の評価に使われている1C,2Cとは何のこと?時間率とは?○
電池の充放電効率(クーロン効率)とは?
容量維持率とは?サイクル試験時の容量維持率
サイクル試験とは何?一般的なサイクル試験条件と結果○
サイクル試験と温度の関係性は?サイクル試験とSOCの幅の関係性
フロート試験とは何?一般的なフロート試験条件と結果○
【電池発火時の対処・消火方法】リチウムイオン電池が発火した際、水はかけるべき?
【電池はなぜ発火する?】リチウムイオン電池が発火のメカニズム(原理)
トリクル充電とは?○
CC充電とは?
CCCV充電とは?○
パルス充電とは?鉛蓄電池に使用すると寿命が延びる?
【図積分】CC充電、CCCV充電時の充電電気量の計算方法
電池はどうやって捨てる?電池の廃棄方法は?○
SOC-OCV曲線から充放電曲線をシミュレーションする方法
リチウムイオン電池を長持ちさせる方法
リチウムイオン電池の充電時に対応していない充電器を使用した時の危険性
外部温度と電池の容量の関係(寒い方が容量小さい?)
質量エネルギー密度、体積エネルギー密度とは?
電池の分類
マンガン乾電池の構成と反応、特徴○
アルカリマンガン乾電池の構成と反応、特徴
マンガン乾電池、アルカリマンガン乾電池の構造詳細
マンガン乾電池、アルカリマンガン乾電池の放電曲線
乾電池の残量を測定する方法(マンガン電池、アルカリ電池)
アルカリマンガン乾電池表面に付着した白い粉の対処方法
ニッケル・水素電池の構成と反応、特徴
リチウムイオン電池の構成と反応、特徴○
鉛蓄電池の構成と反応、特徴
ニッケル・カドミウム電池(ニッカド電池)の構成と反応、特徴
ナトリウム硫黄(NAS)電池の構成と反応、特徴
レドックスフロー電池の構成と反応、特徴
二次電池の性能比較 作動電圧、エネルギー密度、寿命、作動温度範囲、安全性の比較
メモリー効果とは?メモリー効果と作動電圧
オームの法則、作動電圧と内部抵抗、出力とは?
電池の劣化係数とは?
交流抵抗と直流抵抗の違い(電池における内部抵抗)
通電時間と直流抵抗の関係
電池の端子電圧と正極電位、負極電位の関係
電池の知識 分極と過電圧、充電方法、放電方法
比熱と熱容量
電池の知識 電池通電時の自己発熱
電池の知識 電池の常温時と低温時の内部抵抗の変化
リチウムイオン電池の安全性
過充電とは?過充電すると何が起こる?
【スマホの過充電?】過充電という言葉の誤った使い方
アノード、カソードって何?酸化体と酸化剤、還元体と還元剤の違いは?
電析とは何?電析と安全性
電析が起こる原因と条件 起こさないための対応策は?
電気二重層キャパシタとは?電池との違いは?
キャパシタとコンデンサ−は厳密には異なる!?EDLCの原理
【充電式電池】新しい電池と古い電池を同時に使用するとどうなる!?
コイン電池の種類と頭文字の記号
電池と燃料電池の違いは?固体高分子形燃料電池の構造と反応
電池の回路図の記号は?長い方が+? ○
単位Nとkgfの違いは? NやJをkg,m,sで表そう
電池の短絡とは?短絡が起こる場合と対策
コイン電池とボタン電池の違いは?
乾電池に記載のAAやDなどの記号は何?乾電池の大きさとパワーの違い
バイポーラ電池(バイポーラ電極使用電池)とは?メリットとデメリット
瞬低とは?瞬時電圧低下とは?
ヒューズとは?単電池や組電池におけるヒューズの役割
シャント抵抗とは?
自己放電(電池の用語)とは?
OCV(開回路電圧、開放電圧)とは?
コイン電池、ボタン電池の構造詳細、残量の測定方法
公称電圧とは?作動電圧との関係性
平均作動電圧とは?作動電圧との関係性
リチウムイオン電池とリチウム金属電池は違うもの?
リチウムイオン電池とリチウムポリマー電池は違うもの?
リチウムイオン電池の活性化過電圧、濃度過電圧、IR損とは?
電池の対向容量比とは?利用容量とは?電池設計の基礎
CC充電とCCCV充電 定電流充電と定電流定電圧充電は同じもの??
バッテリー記載のCCAとは?【バイク用バッテリー】
【大きいほど低抵抗?】リチウムイオン電池の容量と内部抵抗の関係
【内部抵抗の計算】リチウムイオン電池の内部抵抗と反応面積から予想してみよう!
【リチウムイオン電池の接触抵抗低減】Al箔やCu箔の接触抵抗を下げる方法

HOME プロフィール お問い合わせ