コンデンサーを直列接続したときの静電容量の計算方法【演習問題】

↑公開しているnote(電子書籍)の内容のまとめています。興味ある方は是非ご閲覧お願いします。

コンデンサーを直列接続したときの静電容量の計算方法【演習問題】

 

こちらのページでは高校物理における電磁気学の中でも、直列時のコンデンサーの合成に関する内容について解説していきます。

 

・コンデンサーの直列回路における容量の求め方と導出方法 合成容量の計算

 

・コンデンサーを直列にした場合の合成容量の計算問題を解いてみよう

 

・コンデンサーは直列接続すると容量が小さくなる この理由は?

 

にというテーマで解説しています。

 

 

コンデンサーの直列回路における容量の求め方と導出方法 合成容量の計算

 

結論から言いますと、コンデンサーの直列つなぎにおける合成容量は、1/C合成 = (1/C1) + (1/C2) という計算式で表されます。

 

 

 

この結果を導くための過程を以下で確認していきます。

 

以下のように、電圧Vがかかっている直流電源と二つのコンデンサーを含む回路があるとします。

 

すると、電源のプラスにつないである電極にはプラスの電荷が集まります。一方で、直流電源のマイナスに接続した別のコンデンサーの極板には、マイナスの電荷が溜められます。

 

そして、各々のコンデンサーのもう一方の電極には、向かい合う電極と異なる符号である電荷が静電誘導現象によって引き寄せされてくるのです。

 

以下の通りです。

 

 

ここで、各々の局番にたまっている電荷の大きさをそれぞれQ1、Q2としましょう。

 

このとき、電源とつながっているコンデンサーの電極には+Q1[C]が、その対抗する板には-Q1[C]という大きさの電荷が集まっていることとなります。

 

同様にもう一方のコンデンサーであっても、直流電源のマイナスにつながる方には-Q2[C]が向かい合う極板には、+Q2[C]がたまります。

 

このとき、間の孤立した電極間では閉回路であるため(島になっている)、合計すると必ず電荷が0となっています。つまり、電気的に中性となっている状態です。

 

よって、-Q1= +Q2であることから、Q1=Q2=Qとなるわけです。

 

次に各々のコンデンサーの静電容量、電圧、電荷の関係を考えていきます。静電容量の計算式から、Q=CV、V=C/Qの関係式を上式に代入します。

 

コンデンサ1の容量と電圧をC1、V1、コンデンサ2の容量と電圧をC2,V2とすると、V1=Q/C1、V2=Q/C2とう関係式が成立します。

 

ここで、コンデンサーの直列つなぎの回路全体の電圧に着目するとV=V1+V2という式が成り立ちます。

 

このV1,V2に上式を入力しますと、V = Q ( 1/C1 + 1C2)・・・① となります。ここで、コンデンサーの合成容量をC合成としますと、V=Q/C合成・・・② という式が導出されます。

 

①②式を比較しますと、コンデンサーの合成容量は(1/C合成)=(1/C1 + 1/C2)となるのです。もう一度記載しておきます。

 

 

直列つなぎの抵抗の合成では、単純に和をとれば良かったため、抵抗とコンデンサーでは逆であると覚えておくと、簡単に見分けられるようになります。

 

関連記事

 

直列時の合成抵抗
並列時の合成抵抗
コンデンサーとは?コンデンサーの静電容量の式と導出方法 
コンデンサーの並列接続時の合成容量

 

 

コンデンサーを直列にした場合の合成容量の計算問題を解いてみよう

 

それでは、理解を深めるためにも、コンデンサーの直列接続における静電容量の合成の問題を解いてみましょう。

 

例題

 

コンデンサー1の容量が5μF(マイクロファラッド)、もう一方のコンデンサー2の静電容量が10μFであるときに、直列に合成したコンデンサーの合成容量を計算してみましょう。

 

解答1

 

上述でも解説したように、コンデンサーの直列回路では、逆数の和をとることで静電容量の合成ができます。

 

よって、(1/C合成)=(1/5)+(1/10) =0.3 より、コンデンサーの直列つなぎにおける静電容量(キャパシティ)は3.33μFとなるのです。ただこの値は、元のコンデンサー二つの値よりも小さくなっています。

 

これはなぜなのでしょうか。

 

関連記事

 

直列時の合成抵抗
並列時の合成抵抗
コンデンサーとは?コンデンサーの静電容量の式と導出方法 
コンデンサーの並列接続時の合成容量
ファラド、クーロン、ボルトの変換方法

 

 

コンデンサーは直列接続すると容量が小さくなる この理由は?

 

このように、コンデンサーの直列回路における容量は、直列数が増えるほど低くなります。この直列時に静電容量が減少するメカニズムは、コンデンサーの容量と極板間距離の関係から理解できます。

 

静電容量と極板距離の関係は、以下の計算式で結び付けられます。

 

 

 

ここで、直列に合成した場合では、単純に電極間が大きくなったときと同じ状態になります。つまり、各々の電極間の幅がd1,d2であったとすると、合成後の距離はd1+d2となります。

 

よってコンデンサーの静電容量と極板間距離は反比例の関係にあるため、その容量は減少するのです。

 

関連記事

 

直列時の合成抵抗
並列時の合成抵抗
コンデンサーとは?コンデンサーの静電容量の式と導出方法 
コンデンサーの並列接続時の合成容量
ファラド、クーロン、ボルトの変換方法

 

 

コンデンサーを直列接続したときの静電容量の計算方法【演習問題】 関連ページ

SI単位
密度とは?比重とは?密度と比重の違いは?【演習問題】
ミリ、ミクロン、ナノ、ピコとは?SI接頭語と変換方法【演習問題】
電位とは何?電位の定義は?
電気と電荷、静電気力
電流と電荷(I=Q/t)、電流と電子の関係
コンデンサーと交流
電圧とは何か?電圧のイメージ、電流と電圧の関係(オームの法則)
直列回路における合成抵抗の導出と計算方法【演習問題】
並列回路における合成抵抗の導出と計算方法【演習問題】
合成抵抗2(直列と並列が混ざった回路)
電力と電力量の違いは?消費電力kWと消費電力量kWhとの関係 WとWhの変換(換算方法) ジュール熱の計算方法
ジュール熱とは?ジュール熱の計算問題を解いてみよう【演習問題】
水の温度上昇とジュールの関係は?計算問題を解いてみよう【演習問題】
コンデンサーの容量の計算式と導出方法【静電容量と電圧・電荷の関係式】
コンデンサーを並列接続したときの静電容量の計算方法【演習問題】
コンデンサーのエネルギーが1/2CV^2である理由 静電エネルギーの計算問題をといてみよう
磁場とは何か?
電流と磁場の関係(電流がつくる磁場)
電流が磁場から受ける力(フレミング左手の法則)
ローレンツ力
電磁誘導とレンツの法則
ファラデーの電磁誘導の法則
各種電磁誘導の問題の演習
磁束と磁束密度の定義・違いは?
相互誘導と自己誘導(相互インダクタンスと自己インダクタンス)
コイルを含む回路、コイルが蓄えるエネルギー
直流と交流、交流の基礎知識 実効値と最大値が√2倍の関係である理由は?
抵抗、コンデンサーと交流抵抗、コンデンサーと交流
コイルと交流、交流のまとめ
光のエネルギー
物質波とブラッグ反射(ブラッグの式)
気体分子運動論とは?
気体分子運動論とボルツマン定数
電流の定義のI=envsを導出する方法
角速度(角周波数)とは何か?角速度(角周波数)の公式と計算方法 周期との関係【演習問題】
クーロンの法則 導出と計算問題を問いてみよう【演習問題】
電気回路に短絡している部分が含まれる時の合成抵抗の計算
角速度(角周波数)とは何か?角速度(角周波数)の公式と計算方法 周期との関係【演習問題】(コピー)
自由落下(自然落下)における速度は? 計算問題を解いてみよう【演習問題】
ばね定数の公式や計算方法(求め方)・単位は?ばね定数が大きいほど伸びにくいのか?直列・並列時のばね定数の合成方法
距離(位置)、速度、加速度の変換方法は?計算問題を問いてみよう
静止摩擦係数と動摩擦係数の求め方 静止摩擦力と動摩擦力の計算問題を解いてみよう【演習問題】
電流計は直列につなぎ、電圧計は並列につなぐのはなぜか 電流計・電圧計の使い方と注意点
抵抗が3つ以上の並列回路、直列回路の合成抵抗 計算問題をといてみよう
単振動における変位・速度・加速度を表す公式と計算方法【sin・cos】
ホイートストンブリッジにおける計算問題を解いてみよう【ブリッジ回路の解き方】
メートルブリッジの計算問題を解いてみよう【ブリッジ回路の解き方】
単振動における運動方程式と周期の求め方【計算方法】
単振動におけるエネルギーとエネルギー保存則 計算問題を解いてみよう
v-tグラフ(速度と時間の関係式)から変位・加速度を計算する方法【面積と傾きの求め方】
相対速度とは?相対速度の計算問題を解いてみよう【船、雨、0となるときのみかけの速度】
ロケットなどで2物体が分裂・合体する際の速度の計算【運動量保存と相対速度】
キルヒホッフの電流則(キルヒホッフの第一法則)とは?計算問題を解いてみよう
単振り子における運動方程式や周期の求め方【単振動と振り子】

HOME プロフィール お問い合わせ