SI単位

SI単位と単位の覚え方解説

 

こちらのページでは、各種単位のまとめときちんと単位を考えることの
重要性について解説しています。

 

単位が違うだけで、ある値の桁がいくつかずれたり、単位に着目することで
間違って計算していることに気づくきっかけになることもあります。

 

SI単位

理系出身の方ですとSIという言葉を聞いたことがあるでしょう。

 

SI単位とは国際単位系(The International System of Units)の略であり、
これが国際的に基準となっている単位です。

 

以下がSI単位の基礎となっている単位です。

 

 

 

しっかり覚えましょう!

 

 

SI単位の基礎単位から誘導される単位

次にSI単位の基礎単位をもとに組み合わされて表現できる下記の単位について
まとめと覚える際のポイントを解説していきます。

 

 

 

次に、電池分野でも使用する頻度が高い以下の単位を解説します。

 

仕事率は電池分野では、出力とも表現できます。

 

電荷は電池分野で良く使用する容量(Ah,mAh表記)と相互変換できます。

 

また、電圧と電流の関係により、上述仕事率同様に出力が表されます。
なお、J=CVと書き換えることもでき、化学エネルギー(ギブズエネルギー)と電気的エネルギーの変換となります。

 

 

 

(以下工事中)
J=CVも追記
電流
質量エネルギー密度、
体積エネルギー密度、

 

熱関連で良く使用する単位(工事中)

 

電池の自己発熱に着目しますと
P=I^2 Rが成り立ちますので、単位に着目するとW=A^2 Ωで表されます。

 

熱流束は単位時間、単位面積あたりのエネルギーの通過量のため
q=W/m^2=J/s/m^2で表されます。

 

熱伝導度はフーリエの法則 q=-k dT/dxにより表現されます。
そのため、熱伝導度の単位はW/m/Kで表されます。

 

 

コンデンサーの単位 F

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SI単位 関連ページ

密度とは?比重とは?密度と比重の違いは?【演習問題】
ミリ、ミクロン、ナノ、ピコとは?SI接頭語と変換方法【演習問題】
電位とは何?電位の定義は?
電気と電荷、静電気力
電流と電荷(I=Q/t)、電流と電子の関係
コンデンサーと交流
電圧とは何か?電圧のイメージ、電流と電圧の関係(オームの法則)
合成抵抗1
合成抵抗2(直列と並列が混ざった回路)
電力、電力量、ジュール熱
コンデンサーとは何か?コンデンサーの静電容量
コンデンサーの合成
磁場とは何か?
電流と磁場の関係(電流がつくる磁場)
電流が磁場から受ける力(フレミング左手の法則)
ローレンツ力
電磁誘導とレンツの法則
ファラデーの電磁誘導の法則
各種電磁誘導の問題の演習
磁束と磁束密度の定義・違いは?
相互誘導と自己誘導(相互インダクタンスと自己インダクタンス)
コイルを含む回路、コイルが蓄えるエネルギー
直流と交流、交流の基礎知識 実効値と最大値が√2倍の関係である理由は?
抵抗、コンデンサーと交流抵抗、コンデンサーと交流
コイルと交流、交流のまとめ
光のエネルギー
物質波とブラッグ反射(ブラッグの式)
気体分子運動論とは?
気体分子運動論とボルツマン定数
電流の定義のI=envsを導出する方法
角速度(角周波数)とは何か?角速度(角周波数)の公式と計算方法 周期との関係【演習問題】
クーロンの法則 導出と計算問題を問いてみよう【演習問題】
電気回路に短絡している部分が含まれる時の合成抵抗の計算

HOME プロフィール お問い合わせ