単振動におけるエネルギーとエネルギー保存則 計算問題を解いてみよう

↑電気化学の初心者向けのnote(電子書籍)を書いています。教科書・参考書を読む前に読むと電気化学の楽しさをきっと理解できます。

単振動におけるエネルギーとエネルギー保存則 計算問題を解いてみよう

 

高校物理における力学の分野では、単振動に関する問題は良く出てきます。

 

ここでは、単振動における物体の速度や変位との関係を考えるときに、単振動におけるエネルギー保存則を活用することが基本です。

 

ここでは、この単振動におけるエネルギー保存則に関する内容について解説していきます。

 

・単振動におけるエネルギー保存則

 

・単振動のエネルギーに計算問題を解いてみよう

 

というテーマで解説していきます。

 

 

単振動におけるエネルギー保存則

 

単振動におけるエネルギー保存則を立式するときのポイントは、力が釣り合っているとこをを基準とすることです。

 

 

上の例では、ばねが自然長であるところ基準x=0とすればいいのです。

 

また、ばねを縦方向にし、上からつるすようなケースでは物体にかかる重力による力がかかり釣り合った位置を基準とします。ただ、そこが基準であるというだけで、その位置からの変位を考え、以下の単振動におけるエネルギー保存則にあてはまればすぐに立式できるのです。

 

 

単純にxを基準からの変位とすることでばねの弾性エネルギーと位置エネルギーの両方を考慮したエネルギー収支の式となっているのです。

 

単振動におけるエネルギー保存則を立てる際には、形自体は普通のエネルギー保存則と同じであることを覚えておき、基準のみを力が釣り合っている位置に持ってくることに気を付けましょう。

 

なお、併せて単振動における変位と速度、加速度に関する問題が良く出てきますので、こちらも併せて理解しておきましょう

 

関連記事

 

単振動の基本の概念や変位、速度、加速度の関係
単振動の運動方程式と周期や角速度の計算方法

 

 

単振動におけるエネルギー保存則から速度を計算してみよう

 

それでは、実際に問題をとくことで、単振動のエネルギー保存則を立てて、速度を計算してみよう。

 

例題

 

壁にばねを固定し、摩擦の無い土台上で単振動をさせるとします。このとき、ばねを自然長からの距離Aまで伸ばしたときの、自然長における速度と、変位A/2での速度をエネルギー保存から計算してみましょう。

 

解答

 

まず、単振動における初期のエネルギーを考えていきましょう。

 

Aの位置では、速度が0であるため、弾性エネルギーと位置エネルギーの合計である1/2kA^2 のみがエネルギーとなるのです。

 

 

一方で、自然長の位置では、物体の運動エネルギーのみとなるために、弾性エネルギーと位置エネルギーの合成項は考えなくていいのです。

 

つまり、単振動における基準でのエネルギーは1/2mv^2 となるのです。

 

 

よって、単振動のエネルギー保存則 1/2 kA^2 = 1/2 mv^2 となり、v^2 = k/m A^2 となるので、自然長における速度は v = √(k/m) ・Aとなるのです。

 

 

同様に、変位A/2の位置での速度も考えてみましょう。

 

基本的には、同じように単振動でのエネルギー保存則を立てればいいのです。

 

よって、 1/2 k(A/2)^2 + 1/2mv^2 = 1/2 kA^2 となります。式を変形すると k(A^2/4) + mv^2 = kA^2 より、mv^2 = 3/4kA^2 となるのです。

 

すると、v = √(3k/4m) ・Aと速度を導出することができました。

 

 

エネルギー保存則を使いこなし、単振動の問題をとけるようにしていきましょう。

 

関連記事

 

単振動の基本の概念や変位、速度、加速度の関係
単振動の運動方程式と周期や角速度の計算方法

 

単振動におけるエネルギーとエネルギー保存則 計算問題を解いてみよう 関連ページ

SI単位
密度とは?比重とは?密度と比重の違いは?【演習問題】
ミリ、ミクロン、ナノ、ピコとは?SI接頭語と変換方法【演習問題】
電位とは何?電位の定義は?
電気と電荷、静電気力
電流と電荷(I=Q/t)、電流と電子の関係
コンデンサーと交流
電圧とは何か?電圧のイメージ、電流と電圧の関係(オームの法則)
直列回路における合成抵抗の導出と計算方法【演習問題】
並列回路における合成抵抗の導出と計算方法【演習問題】
合成抵抗2(直列と並列が混ざった回路)
電力と電力量の違いは?消費電力kWと消費電力量kWhとの関係 WとWhの変換(換算方法) ジュール熱の計算方法
ジュール熱とは?ジュール熱の計算問題を解いてみよう【演習問題】
水の温度上昇とジュールの関係は?計算問題を解いてみよう【演習問題】
コンデンサーの容量の計算式と導出方法【静電容量と電圧・電荷の関係式】
コンデンサーを直列接続したときの静電容量の計算方法【演習問題】
コンデンサーを並列接続したときの静電容量の計算方法【演習問題】
コンデンサーのエネルギーが1/2CV^2である理由 静電エネルギーの計算問題をといてみよう
磁場とは何か?
電流と磁場の関係(電流がつくる磁場)
電流が磁場から受ける力(フレミング左手の法則)
ローレンツ力
電磁誘導とレンツの法則
ファラデーの電磁誘導の法則
各種電磁誘導の問題の演習
磁束と磁束密度の定義・違いは?
相互誘導と自己誘導(相互インダクタンスと自己インダクタンス)
コイルを含む回路、コイルが蓄えるエネルギー
直流と交流、交流の基礎知識 実効値と最大値が√2倍の関係である理由は?
抵抗、コンデンサーと交流抵抗、コンデンサーと交流
コイルと交流、交流のまとめ
光のエネルギー
物質波とブラッグ反射(ブラッグの式)
気体分子運動論とは?
気体分子運動論とボルツマン定数
電流の定義のI=envsを導出する方法
角速度(角周波数)とは何か?角速度(角周波数)の公式と計算方法 周期との関係【演習問題】
クーロンの法則 導出と計算問題を問いてみよう【演習問題】
電気回路に短絡している部分が含まれる時の合成抵抗の計算
角速度(角周波数)とは何か?角速度(角周波数)の公式と計算方法 周期との関係【演習問題】(コピー)
自由落下(自然落下)における速度は? 計算問題を解いてみよう【演習問題】
ばね定数の公式や計算方法(求め方)・単位は?ばね定数が大きいほど伸びにくいのか?直列・並列時のばね定数の合成方法
距離(位置)、速度、加速度の変換方法は?計算問題を問いてみよう
静止摩擦係数と動摩擦係数の求め方 静止摩擦力と動摩擦力の計算問題を解いてみよう【演習問題】
電流計は直列につなぎ、電圧計は並列につなぐのはなぜか 電流計・電圧計の使い方と注意点
抵抗が3つ以上の並列回路、直列回路の合成抵抗 計算問題をといてみよう
単振動における変位・速度・加速度を表す公式と計算方法【sin・cos】
ホイートストンブリッジにおける計算問題を解いてみよう【ブリッジ回路の解き方】
メートルブリッジの計算問題を解いてみよう【ブリッジ回路の解き方】
単振動における運動方程式と周期の求め方【計算方法】
v-tグラフ(速度と時間の関係式)から変位・加速度を計算する方法【面積と傾きの求め方】
相対速度とは?相対速度の計算問題を解いてみよう【船、雨、0となるときのみかけの速度】
ロケットなどで2物体が分裂・合体する際の速度の計算【運動量保存と相対速度】

HOME プロフィール お問い合わせ