電位とは何?電位の定義は?

電位とは何?電位の定義は?

 

こちらのページでは高校物理における電磁気学の基本である

 

・電位とは何?電位の定義は?
・電場と電位の関係式

 

について解説しています。

 

 

電位とは何?電位の定義は?

私たちが生活している中で、物が高い方から低い方へ移動することは簡単にイメージできるでしょう。

 

これは高い方が位置エネルギーが高く、エネルギーは高い方から低い方へ移動するために起こる現象です
(※位置エネルギーは高校物理の力学のページで解説しています)。

 

電気的な世界でも同様に考えることができ、+1Cの電荷の電気版の位置エネルギーが電位といえます。
また、+1Cの電荷の電気版の高さによるエネルギーとも言えます。
(※大学課程以降ではもう少し詳細に理解する必要があり、こちらで解説しています)。
 
力学における位置エネルギーと照らし合わせて考えると、とてもイメージしやすいです。
 
力学では位置エネルギーは mgh [J]で表されましたが、
電気版の位置エネルギーは qV [J]で表すことができます。
 
つまり質量m → 電荷qに対応し、重力加速度gと高さの積gh → 電位V に対応すると考えられます。

 

 

電位の定義は下図にも解説していますが、

「ある点から基準点まで単位電荷(+1C)を動かした場合の外力つまり静電気力に逆らう仕事のこと」

とも定義されています。

 

電位の定義式を拡張させ、電荷をqを含んだ式(@式)と

 

電荷qが持つ静電気力による位置エネルギー(A式)という二通りのとらえ方ができ、

 

両方は同じものを表しているということを頭に入れておきましょう!
 
 

 

 

 

 

 

 

 

(※高校物理の範囲から外れますが、大学課程以降の電気化学という分野では
  電位を表す時、ある基準物質に対する電位という記載の仕方をし、
  例えばリチウムイオン電池における分野で良く使用する表記方法としましては、
  〜V vs Li/Li+ といった表現方法をしますので、興味があればこちらのページも見てみてくださいね)

 

 

電場と電位の関係式

電位について理解できましたら、次に電場と電位の関係式について、考えていきましょう。

 

高校物理では電場と言えば、最もシンプルなモデルである均一(一様)な電場についての
問題のみを扱います。

 

電荷をためられる装置であるコンデンサーにおいてもこの一様な電場の考え方を
使用しますので、きちんと理解しましょう。

 

 

電位とは何?電位の定義は? 関連ページ

SI単位
密度とは?比重とは?密度と比重の違いは?○
ナノ粒子とかのナノって何なの?SI接頭語のまとめ
電気と電荷、静電気力
電流と電荷、電流と電子
コンデンサーと交流
電圧とは何か?電圧のイメージ、電流と電圧の関係(オームの法則)
合成抵抗1
合成抵抗2(直列と並列が混ざった回路)
電力、電力量、ジュール熱
コンデンサーとは何か?コンデンサーの静電容量
コンデンサーの合成
磁場とは何か?
電流と磁場の関係(電流がつくる磁場)
電流が磁場から受ける力(フレミング左手の法則)
ローレンツ力
【HEV(ハイブリッド自動車)の充電の原理】電磁誘導とレンツの法則【ニッケル水素電池・リチウムイオン電池】
【HEV(ハイブリッド自動車)の充電の原理】ファラデーの電磁誘導の法則【ニッケル水素電池・リチウムイオン電池】
各種電磁誘導の問題の演習
相互誘導と自己誘導(相互インダクタンスと自己インダクタンス)
コイルを含む回路、コイルが蓄えるエネルギー
【リチウムイオン電池の解析の予備知識】抵抗、コンデンサーと交流直流と交流、交流の基礎知識○
【リチウムイオン電池の解析の予備知識】抵抗、コンデンサーと交流抵抗、コンデンサーと交流
コイルと交流、交流のまとめ
光のエネルギー
物質波とブラッグ反射
気体分子運動論とは?
気体分子運動論とボルツマン定数

HOME プロフィール お問い合わせ