電流と磁場の関係

磁場とは何か?電場との関係性

こちらのページでは高校物理における電磁気学の基本である

 

・磁場とは何か?電場との関係性

 

について解説しています。

 

 

磁場とは何か?電場との関係性

電磁波という言葉があるように、電場と磁場は深い関係にあります。

 

電荷により電場がつくられるのと同様に、磁極(例えば磁石のN極)により磁場がつくられます。

 

磁石のN極とN極やS極とS極を近づけると反発し、N極とS極を近づけるとくっつきますよね。
このように磁極に働く力のことを磁気力と呼びます。

 

これは、正の電荷同士や負の電荷同士は反発しあう静電気力と似ていますね。

 

また、磁極の強さのことを磁気量と呼び、電場における電荷に対応します。

 

磁気量の単位にはあまりなじみがないですが、単位[Wb(ウェーバ)]というものを使用します。

 

 

上記の表に電場との対応図をまとめましたので、参考にしてみてください。

 

簡単にポイントをまとめますと、

 

電荷が電場を作るのと同様に、磁極も磁場(磁界)を作ります。
電荷が+から−に向かい電場を作るのに対して、磁極はNからSに向かい磁場を作ります

 

電場の大きさ、向きの定義は、ある電場に1Cの電荷を置いた際、電荷が受ける力の大きさ、向きが
電場の大きさ、向きに相当し、記号E[N/C]で表します。

 

同様に磁場の大きさ、向きの定義は、ある磁場にN極を置いた際、
N極が1Wbあたりに受ける力の大きさ、向きが磁場のそれに相当し、記号H[N/Wb]で
表します。

 

 

磁場について理解できましたら、次は電流がつくる磁場について解説しています。

 

磁場とは何か? 関連ページ

SI単位
密度とは?比重とは?密度と比重の違いは?【演習問題】
ミリ、ミクロン、ナノ、ピコとは?SI接頭語と変換方法【演習問題】
電位とは何?電位の定義は?
電気と電荷、静電気力
電流と電荷、電流と電子
コンデンサーと交流
電圧とは何か?電圧のイメージ、電流と電圧の関係(オームの法則)
合成抵抗1
合成抵抗2(直列と並列が混ざった回路)
電力、電力量、ジュール熱
コンデンサーとは何か?コンデンサーの静電容量
コンデンサーの合成
電流と磁場の関係(電流がつくる磁場)
電流が磁場から受ける力(フレミング左手の法則)
ローレンツ力
【HEV(ハイブリッド自動車)の充電の原理】電磁誘導とレンツの法則【ニッケル水素電池・リチウムイオン電池】
【HEV(ハイブリッド自動車)の充電の原理】ファラデーの電磁誘導の法則【ニッケル水素電池・リチウムイオン電池】
各種電磁誘導の問題の演習
相互誘導と自己誘導(相互インダクタンスと自己インダクタンス)
コイルを含む回路、コイルが蓄えるエネルギー
【リチウムイオン電池の解析の予備知識】直流と交流、交流の基礎知識 実効値と最大値が√2倍の関係である理由は?
【リチウムイオン電池の解析の予備知識】抵抗、コンデンサーと交流抵抗、コンデンサーと交流
コイルと交流、交流のまとめ
光のエネルギー
物質波とブラッグ反射
気体分子運動論とは?
気体分子運動論とボルツマン定数
電流の定義のI=envsを導出する方法
角速度とは何か?角速度の公式と計算方法【演習問題】

HOME プロフィール お問い合わせ